スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『アイアンマン』
映画『アイアンマン』見ました。

アイアンマン

ウハーッ!
オモシロー!!
想像よりかなり面白かったです、コレ。

見る前は、パワードスーツ着た社長が活躍するヒーロー物って事しか知らなくて、いざ見始めたら、ふてぶてしい社長のキャラがまずツボにハマり、そんな社長がいきなりゲリラに拉致される予想外の展開で爆笑しながら一気に引き込まれちゃいました。

大量破壊兵器を造ってきた兵器会社の社長が、戦争の現実を知って改心するなんて、普通だったら虫が良すぎるなんて思っちゃいそうなものだけど、この映画ではなんか許せちゃうんですよね。
恩人や大切な人の死を切っ掛けにして改心するってのは、「スパイダーマン」でもあったけど、この作品でもそのシークエンスがあるから、素直に主人公に感情移入出来るんだと思います。

それにしてもあの社長って完璧すぎますよね。
男前で社長で天才で大富豪で、おまけに美人秘書までいて。
その上、身体張って人助けしちゃうんだから、もうね。
これで良い奴過ぎたら嫌味だけど、そうじゃないのもまたイイですねー。

アイアンマンのスーツもカッコいいですよね。
空飛ぶ時のペンギンみたいなポーズも可愛くてツボです。


  
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[映画
comment
(;´д`;)私は許せなかったクチでして…
この映画が公開されてた頃ってちょうどバカブッシュの狂った命令で毎日のようにイラク空爆しまくってた頃なんですよ。
しかも誤爆と称して一般民家ばっかり吹っ飛ばしてた。
だからそんなときにこれを観たもんだから腹が立って腹が立って…

http://tomzone-s.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_afbe.html

▲映画とか娯楽以前に、作り手が立ってるスタンスが気にくわないでボロクソです。FC2はココログからトラバが通らないので直に入れました。済みません。
2009/07/29 16:39 | URL | edit posted by よろづ屋TOM
>よろづ屋TOMさん
リンク先読ませていただきました。
仰ってる事はすごくよく分かります。
アメリカが行っていた事に対する作り手の無自覚さについては、確かにその通りだと思います。
私がそのあたりを気にならなかったのは、ただ私の鈍感さに因るものだと思います。

主人公の軽さに関しては、あれはあれで良かったと私は思いました。
自社の兵器がゲリラの手に渡っている事を知った時、彼も悩んだと思いますよ、一瞬だけ。
でも彼は、ナントカと紙一重の天才ですから、無駄に悩む事はせず、行動で結果を出そうとしたんじゃないでしょうか。

むしろ私は、有能だけど普通の人である秘書の彼女が悩まなかった事の方が引っかかってました。
彼女が主人公に代わってそういう部分を引き受けるべきなのにと思えて。
2009/07/30 02:03 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/86-887b51bd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。