スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
漫画:藤子・F・不二雄大全集
もう、この日が来るのをどれほど待ったか。

遂に藤子・F・不二雄大全集が刊行されたのです!

手塚治虫はほとんど読んだ事が無くて、私にとっては漫画の神様と言えば、藤子・F・不二雄先生しかないってほど大好きなのですが、絶版で読めない作品が結構多くて、特に有名な「オバケのQ太郎」なんか権利問題で永久に読めないんじゃないかとさえ思ってたりした程なんです。

だから、今回の全集発刊はホント嬉しくて、昼食代も切り詰めて、本棚整理してスペースを確保して、今日は家でずっとAmazonの配達の人が来るのを正座して待ってました。
ま、正座はウソですが。

第一回の配本が「ドラえもん」と「オバケのQ太郎」と「パーマン」の三冊。
自主規制やらで改変されていた部分も、出来るだけオリジナルに近い形で収録されているのも嬉しいですね。
バードマンとか超人じゃなくて、ちゃんとスーパーマンなんですよ。

  
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集
comment
はじめまして。

やっぱり「バードマン」じゃ違和感ありますしねえ。
「スーパーマン」じゃないとねえ。

「この脳細胞破壊銃でほんとのパーにしてやる」
というあの絶妙の脅し文句はそのままですか?
2009/07/26 16:37 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
いらっしゃいませ
>ポール・ブリッツさん
はじめまして。

私は、バードマンで親しんだ世代なのですが、それでもやっぱオリジナル通りスーパーマンに戻った事はイイ事だと思います。

>「この脳細胞破壊銃でほんとのパーにしてやる」
ああ、残念ながらそこは「細胞変換銃で動物に変身させてやる」のままです。
人食い人種ネタとかも収録してあって、全体的には頑張ってるんですが。
もしかしたら、F先生自身の意向なのかも知れませんね。
2009/07/26 20:13 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/83-d095379e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。