スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『マーダー・ライド・ショー2 デビルズ・リジェクト』
映画『マーダー・ライド・ショー2 デビルズ・リジェクト』見ました。

前作は残酷描写で疲れちゃった私ですが、今作は残酷描写少なめで、物語の面白さを素直に楽しむ事ができました。
今回はアメリカン・ニューシネマと言う事で、もはやホラーではありません。
でも、面白ければなんでもいいんです。
ラストシーンの格好良さには、爆笑しちゃいましたよ。

復讐に燃える保安官が怖すぎて笑えます。
あんなフレディ・マーキュリーみたいなガイに追いかけられたら、恐ろしすぎます(((( ;°Д°))))

でもね、殺人一家と保安官と、どちらに感情移入するかと言えば、保安官なんですよ。
この映画の作りからすると、一家の方に感情移入するように作ってあるんだろうし、あんなキチガイ一家に感情移入してしまう可笑しさとかみたいなのが作品の肝なんだとは思うのだけど、やっぱりどうしても彼らには感情移入する所までは行かないんですよね。
やってる事があまりにも非道すぎて。
だから一作目を笑って見られたような人なら、今回のキチガイ一家に素直に感情移入出来たのだろうなと思うのです。

あと、保安官が勝って終わりなんて展開は絶対に無いと分かっているから、保安官の逆襲もそんなに盛り上がれないんですよね。

残酷描写の多い少ないとかを抜きにしても、前作より面白いと思います。
ところで、一作目に出てきた地下のあの人達がどうしてるんでしょうねー。

 
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/82-d1717dc1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。