スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』
アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』

鋼鉄都市

SFミステリの古典。
アシモフのSF作品を読むのは初めてなんですが、メッチャ面白かったです。
半世紀以上前に描かれた作品なので、未来描写に古臭い所も多少ありますけど、あまり気にならず。
むしろ、全体的には全然古びていない事の方が驚きでした。

ロボット嫌いの刑事と、感情の無いロボットがコンビを組んで殺人事件の捜査をするバディものなんですけど、こういうのはスタンダードな面白さがありますよね。
バディものとしての面白さ以外にも、ロボットテーマの面白さやミステリとしての面白さ、サスペンスもあり、アクションもありで、いろんな面白さが詰まってます。
構成も見事で、ワクワクしながらほぼ一気に読んでしまいました。

ただ、不満が一つ。
作品に対してじゃなくて、あとがきに対してなんですが……見事にネタバレしています。
それも、あらすじめいた部分なら、読んでる時もとっさに危険を察知して、読み飛ばす事が出来るのだけれど、作品が発表された当時の批評の引用部分で、犯人バレしちゃってるものだから、気付いた時には手遅れでした( ´Д⊂ヽエーーン
これから読む方は御注意を……。

続編『はだかの太陽』も読みたいのですが、Amazonでもプレミア価格付いちゃってて、手が出ません。゚(ノдヽ)゚。
早川さん、こちらの方もぜひ復刊してくださいませ。



関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:6   trackback:0
[

thema:読書感想文 - genre:小説・文学


comment
なんだこの「はだかの太陽」1489円というひどい値段は。

大至急復刊しろ早川書房!

中学のころ読みましたが、舞台設定、真相、双方ともはっきりいって「鋼鉄都市」よりも上です。

さらに、「銀河帝国興亡史」につながるアシモフの宇宙史を理解するうえでも避けて通れない作品です。

くそう古書の値段を聞いてこれほど腹が立ったのは「遥かなるセントラルパーク」上巻以来だわい。ムカムカ。
2011/06/21 17:57 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
「はだかの太陽」今Amazon見たら、1740円に上がってました(´Д`;)
1489円で買った人がいるって事でしょうか。

>はっきりいって「鋼鉄都市」よりも上です
そんな事いわれたら1740円で買ってしまいそうになるじゃないですか(買いませんけど)
せめて定価程度の値段で売ってないかなー。

>「遥かなるセントラルパーク」
聞いた事ないタイトルだったのでググってみたら、ああ、また面白そうな本じゃないですか。
また、探さなきゃいけない本が増えちゃったじゃないですか(笑)
2011/06/22 15:13 | URL | edit posted by スミレ
ちなみに「遥かなるセントラルパーク」は、これまでに世界で書かれた本の中でも、もっとも面白いスポーツ小説のひとつです。どれだけ面白いかというと、スポーツ小説のくせにミステリのランキング企画でランキング200位以内に入っていたくらいであります(マジ)

いったんページをめくりだしたら止まらない、文字通りの徹夜本ですので、古本屋で見かけたらレジへ直行すること。命令(笑)
2011/06/26 23:14 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
「遥かなるセントラルパーク」探してみます。
文春文庫だから青い背ですね。

……「はだかの太陽」今見たら、2150円に上がってました(´Д`;)
2011/06/27 19:16 | URL | edit posted by スミレ
「はだかの太陽」、ここでなにかしゃべれば値段が上がる説(笑)
2011/06/28 17:21 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>「はだかの太陽」、ここでなにかしゃべれば値段が上がる説(笑)
現在、2180円とまた微増(笑)
2011/06/30 02:04 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/504-80fb51aa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。