スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの叡智』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの叡智』

シャーロック・ホームズの叡智

新潮文庫版にだけ存在する(笑)コナン・ドイルのシャーロック・ホームズもの短編集。
これで、ドイルのホームズ物はようやくコンプリートですね。

「技師の親指」
トリックは単純ですぐ分かるんだけど、なかなか面白いです。
事件がちゃんと解決してれば、もっと面白かったような気もしますけど。

「緑柱石の宝冠」
宝石が戻ってきても、宝冠自体が壊れちゃってるから、あまりメデタシメデタシには感じられないんだけど、ホントにあれでいいんやろか(o´Д`o)

「ライゲートの大地主」
「助けてくれェ!人ごろしィ!」って、ホームズが叫んだ時、てっきり芝居か何かだと思ってたら、マジで助けを求めてたと分かって、なんか色々ショックですた……(´Д`;)

「ノーウッドの建築士」
これもトリックはバレバレだけど、結構好きです。
でも、成人男性の死体を偽装するのに、ウサギ二匹じゃ小さすぎるような……というか、それ以前に骨とか見たらすぐにバレそうなんですけど……。

「三人の学生」
ちょっといい話。
小さい話だけど、ホームズの推理の見せ場もあるし、悪くない感じです。

「スリー・クォーターの失踪」
アームストロング博士のキャラがいいですね。
逆に言えば、それだけのお話とも言えそうですけど。

「ショスコム荘」
なかなか面白いお話。
結構好きです。
寂れた納骨堂の雰囲気とかいいですね。

「隠居絵具屋」
バーカー君は、ホームズの同業者みたいですね。
なかなか存在感があって、ライバル的にもっと登場して欲しかったですね。


……という訳で、ドイルのいわゆる“正典”を読破しました。
今となっては、トリックが単純でバレバレな作品が多く、ミステリとしては正直ビミョーな印象は否めませんでしたが、ジャンルの草分け的な作品だからその辺は仕方ないし、古典と思えばあまり気になりませんでした(一部作品を除く(笑))。
一方、キャラクター小説や冒険小説としては、現在でも魅力を失っておらず、ホームズとワトスン、二人の物語を楽しく読む事が出来ました。
いろんな作家が贋作を書きたくなる気持ちも分かるような気がしますね。
キャラが魅力的だから、書きたくなるし、書けそうな気がするんですよね……大きな間違いなんでしょうけど(笑)


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:3   trackback:0
[

thema:読書感想文 - genre:小説・文学


comment
お疲れ様でした(^^)

これを全部4コママンガにしたいしいひさいち先生はすごいを通り越して超人でありますなあ……。
2011/04/09 13:00 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
コミカル・ミステリー・ツアー三冊を読み直しました。
原作読んでからだと、更に面白いですね。
「京風の谷」とか、改めてナルホドって思いました。

……と、調べてみたら、四冊目も出てた事に初めて気付きました。
でも、Amazon評価低いですね。
うーん。
2011/04/09 21:03 | URL | edit posted by スミレ
地震に負けていないことを示すためにブログ巡回しています。

もう地震はこりごりですとほほほ。

だけどこんなことでくたばっていられん!

カラ元気でも元気!(山本まさゆきより)
2011/04/11 20:39 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/474-8f7c708e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。