スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『ウォンテッド』
『ウォンテッド』レンタルで見ました。

評価は……うーん、ビミョー。
なんというか……この映画のバカっぽい所は概ね好きだけど、この映画のシリアスっぽい所は概ね嫌い。そんな感じ。

【以下、ネタバレ注意!】


気合いと腕の振りで弾道をカーブさせる、てなバカなノリは、大好きなんです。
弾丸で弾丸を撃ち落とすとか、撃った弾丸が一周して自分の所に帰ってくるとか。

でも、物語と登場人物に、全然魅力が感じられないんです。
小心者の主人公が、ある日特殊な能力を開花させ、最強の殺し屋になって、気に入らない奴皆殺し。って、だいぶ端折りましたが、基本はそんな中二病をこじらせたような話で、屈折した英雄願望ばかりが感じられて、全然乗れません。

あと、主人公が人を殺しまくる映画って、普通、敵が本当に極悪人だからカタルシスを感じるわけで、この作品のように主人公と敵の善悪に対する立場が曖昧だと、全然スッキリしないんですよね。

まあ、アンジー姉さんは相変わらず格好良かったですけどね!

 
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/45-c2ef150f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。