スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの帰還』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの帰還』

シャーロック・ホームズの帰還

シャーロック・ホームズのシリーズ六冊目で、短編集としては三冊目。
「最後の事件」で死んだとされていたホームズが、正式に復活する「空家の冒険」を始めとする作品が収録されていますが、例によってこの新潮文庫版は、「ノーウッドの建築士」「三人の学生」「スリークウォーター失踪」の三作が割愛されています。

「空家の冒険」
思えば「最後の事件」でホームズが死ぬシーン自体は描かれてないんですよね。
ドイルも、ホームズ物の続きを書かなければいけなくなった時の為に、逃げ道を用意しておいたのかもしれないですね。
ワトスンはいいけど、突然姿を見せて驚かせたり、銃で狙われている蝋人形を動かす仕事を任せたり、ハドスンさんがポックリ逝ったらどうすんだ、ホームズ(´Д`;)
グラナダテレビ版のお婆さんのイメージが強いから、どうにも心配になってしまいますね。

「踊る人形」
相変わらず依頼人の身の安全を考えないホームズ(笑)
暗号としては、ありきたりなのかも知れませんが、子供の落書きの様な絵を使っている所が面白いと思います。

「美しき自転車乗り」
思ったより意外なオチで面白かったです。
とはいえ、犯行の動機自体は定番の「女性の資産目当て」ではありますけど。

「プライオリ学校」
この話、公表したらあかんのんとちゃうかなぁ、ワトスン先生(笑)
足跡や車輪の跡を辿る捜査のシーンが、なかなか楽しいです。

「黒ピーター」
ホプキンス警部初登場。
相変わらずホームズの引き立て役のスコットランド・ヤードですが、今までオッチャンばかりだったので、彼の若々しさは新鮮味がありますね。
……ただ、そこそこ面白いんだけど、感想書きにくいな(´ε`*)

「犯人は二人」
推理の見せ場も無いし、そもそもミステリとは言えないような異色作だけど、すごく面白いです。
法を犯してでも、正義を行おうとするホームズとワトスンの騎士道精神に胸躍ります。
なんていうか、キャラクター小説としてのホームズ物の代表作の一つと言えるのでは?
ホームズに利用されたミルヴァートン家の女中さんはちょっと可哀相ですけど。
あと、この話も公表したらあかんよなぁ……(´Д`;)

「六つのナポレオン」
良くできた作品は、オチが分かってても面白いものですね。
現在進行形で続く謎の事件を、捜査と推理で追求する過程が、とてもスリリングに描かれていると思います。
ホームズものの代表作といえる作品ですね。

「金縁の鼻眼鏡」
ヘビー・スモーカーの老教授が、なかなか面白いキャラクターですね。
ホームズ達の前に犯人が姿を現すシーンは、ちょっとマヌケな感じで笑ってしまいましたけど。

「アベ農園」
被害者の証言と現場に残された証拠の矛盾から、真相を追求していく過程が面白くて、結構好きな作品です。
これも、公表したらあかんやん(´Д`;)

「第二の汚点」
冒頭から、ホームズを引退させて、「ホームズ物なんか書きたない。わしゃ歴史小説が書きたいんやー」病再発のドイル先生(笑)。
これもなかなか面白いお話ですが、あの解決方法で当事者達は納得したのか。ちょっと心配になります。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
評者の間からは評価が著しく低い「踊る人形」ですが、

わたしはこの小品が大好きだったりします(^^;)

たしかにホームズが解読するような暗号ではありませんが(シャーロッキアンの中にはドイルのそれとは違う「真のメッセージ」を読み解いてしまう猛者までいるそうな)、踊る人形というユーモラスなイメージだけでこの小説は「勝ち」だと思います。

いしいひさいち先生は、これをサカナにした爆笑4コマ(8コマ)マンガを描いておられるのですが、読んだことありますか? わたしは死ぬほど笑ったのですが……。
2011/01/28 18:41 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
「踊る人形」って評価低いんですか?
あの人形の絵はイイですよねー。

いしいひさいち先生のアレは私も大好きです。
ドイルの正典を読んでいて、いしい先生の4コマ思いだしてしまった事も数えきれないほど(笑)
メアリーが登場する度に、ホームズの事を「ヘボキュウリ」とか「社会不適応者」とか言わないかハラハラしてしまいます。
2011/01/29 01:59 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/439-e2b0c808
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。