スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
藤子・F・不二雄大全集『Uボー』
藤子・F・不二雄大全集『Uボー』

Uボー

随分遅れてしまいましたが、藤子・F・不二雄大全集第2期、第四回配本分『Uボー』の感想です。
1976年から1979年まで、「毎日こどもしんぶん」に連載されていた作品だとか。
一話二ページながら、フルカラーで週刊連載。
他の連載もたくさん抱えてた時期に、大変だったでしょうねー。
やっぱ藤子先生はスゴイや。

お話は、幼年向けの「ドラえもん」と言った感じですね。
未来から来たか、宇宙から来たかの違いはあれど、毎回不思議な道具で物語が転がるあたりはほぼ同じ。
というか、「ドラえもん」と被ってる話が結構あったりします。

全179話収録されていて、それを一気に読むのはしんどくもあり、もったいなくもありで、ちょっとずつ読んでたら、結構時間がかかりました(笑)
「ドラえもん」とのネタかぶりはあっても、一話一話カラーで丁寧に描かれていて、とても楽しい作品だと思います。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/435-fc14c2a6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。