スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの思い出』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの思い出』読了。

シャーロック・ホームズの思い出

ホームズ・シリーズ二冊目の短編集。
「~冒険」と同様、この新潮文庫版「~思い出」はページ数の都合で、一篇(ライゲートの大地主)が割愛されています。
では、感想を……。

「白銀号事件」
馬を見つけておいてギリギリまで出さないなんて、ホームズ、意地悪すぎる(笑)
ちょっと気になったんですけど、当時の競馬って、外見が違ってても出走できたんでしょうか?
だとしたら、イカサマし放題じゃないのかなぁ。

「黄いろい顔」
ちょっとイイ話。
ホームズ、全然役に立ってないけど。

「株式仲買店員」
「赤髪組合」にちょっと似た感じですね。
それにしても、依頼人がマヌケすぎる(´Д`;)
そんなうまい話があるわけないやん。
これも、ホームズ、役に立ってないなぁ。

「グロリア・スコット号」
定番の、過去の悪行話。
ホームズ最初の事件。と言うわりには、ホームズ役に立ってませんけど。

「マスグレーヴ家の儀式」
大人には単純すぎる謎ですが、子供ならワクワク出来そうな宝探しストーリー。
ホームズ作品の代表作の一つと言っていいでしょうね。

「背の曲った男」
ベイカーストリートイレギュラーズ、久々登場。
短編では初めて?
これも、ホームズ、役に立ってない……(´Д`;)

「入院患者」
ホームズの推理で、事件の真相は解明されるけど、なんか「それでいいのか?」と突っ込みたくなるお話。
「オレンジの種五つ」と同様、“依頼人死亡、犯人行方不明”の事件ですが、「オレンジの種五つ」は失敗譚として語られるので納得が出来ますけど、こちらはちょっと釈然としない感じ。

「ギリシャ語通訳」
マイクロフト登場。
ホームズ兄弟の会話が面白すぎますね。
あと、ホームズって、依頼人の安全を守るって言う意識が全然無いですよね(笑)
新聞広告なんか出したら、依頼人が狙われるにきまってるやん!∑(@ε@ )
あと、事件の顛末が、唐突すぎてちょっと唖然としました。
ディオゲネス・クラブ、私も入りたいなぁ。

「海軍条約文書事件」
他の短編と比べると少し長めのお話で、その分読みごたえがありますね。
ホームズ物は、これぐらいの長さがあった方が良いなぁ。
それに、ちゃんとホームズが活躍しているのも良い所ですね。

「最後の事件」
ホームズを殺す為には、モリアーティというキャラクターが必要だったのでしょうけど、モリアーティの存在って、あまりに悪の組織のボス然としていて、これまでのホームズ物語の中ではちょっと浮いているように感じました。
なんか、モリアーティ以上に、ドイルが、ホームズを殺したくて仕方がなかった。っていうのがよく分かるお話です(笑)
確かに当時のファンは、これじゃ納得できませんよねー。


この短編集って、ホームズが活躍しない話が多いですね(笑)
推理のシーンは毎回あるけど、推理で事件を解決する話が少ない気がします。
名前や行動を言い当てて、依頼人やワトソンを驚かせるだけで、事件そのものは関係者の供述で勝手に解決する話が多くて、なんだかなぁ……(´Д`;)
ミステリと思わなければ、お話自体は面白いのですが。

……あ、遅ればせながら最後に、新年の御挨拶を。
皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
>白銀号事件

出走できるわけないじゃないですか! そんなことしたら重い罰金のうえ馬主は永久追放ですよ。

この設定ミスは、発表当時から周知のこととなっておりましたが(ドイルの設定ミスの中でも一番有名でしょうね)、「白銀号事件」自体のミステリとしてのおもしろさゆえに、「なかったこと」にして読もう、というのが心あるホームズファンないしミステリファンの暗黙の了解であります。

解説かどこかに書いてありませんでしたか? 普通、ホームズの入門書だの研究書だのには、必ずといっていいほど書いてあるのですが……。
2011/01/08 12:17 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
>出走できるわけないじゃないですか!
ですよねー!
出来るわけないですよねー(笑)

しかし、そんなに有名なミスだったんですね。
生憎、私が読んだ新潮版「〜思い出」の解説には、その件については触れられていませんでした。
他の矛盾点にはいくつか触れられていましたが。
2011/01/08 16:35 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/428-4a777e9b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。