スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』読了。

シャーロック・ホームズの冒険

ホームズ・シリーズ最初の短編集ですね。
ただ、この新潮文庫版はページ数の都合で、全十二篇のうち十篇しか収録されておらず、割愛された作品は他の短編集からの物も含めて「シャーロック・ホームズの叡知」というタイトルで纏められています。
新潮版は気に入ってるんですが、これだけは何とかならなかったのかなぁと思いますねー。
では、一つ一つ感想を……。

「ボヘミアの醜聞」
連載第一回の作品にしては、変化球なお話ですよね。
ホームズの推理の見せ場もあまり無く、発煙筒を使った作戦もあまりに強引すぎる気がします。
アイリーン・アドラーの女傑ぶりは確かに魅力的ですけど、逆に言えばそれだけのお話にも思え……。

「赤髪組合」
ミステリアスな出来事を発端に冷徹な推理で真相を暴く。
「ボヘミアの醜聞」とは打って変わって、ホームズものらしい作品ですね。
あまりに有名なので、今となっては新鮮な驚きこそありませんが、好きなお話です。

「花婿失踪事件」
これも、結構大概な話ですね(´Д`;)
なんて言うか、真相がバレバレ過ぎて、もう……。
当時はこれでオッケーだったのかも知れませんが、今となってはなぁ……。

「ボスコム谷の惨劇」
「緋色の研究」や「四つの署名」と同じく、海外での因縁に端を発する復讐ものの一種と言えるかな?
膨らませば長編になりそうですが、これはこれぐらいの長さで正解のような気がします。

「オレンジの種五つ」
K・K・Kという署名が出てきた時点で、当然の様に「クー・クラックス・クラン」の事として読んでたら、ワトスンが「このK・K・Kというのはいったいなにものだろう?」とか言いだしたのでビックリしました。
この頃はまだ知られてなかったんですねー。
それにしても、事件の真相をほぼ推理できているのに、依頼人を帰したらあかんやん、ホームズ(´Д`;)
ホームズにしては大失敗な事件ですが、意外と好きです、このお話。

「唇の捩れた男」
この短編集を読んでて思うんですが、ワトスンって、公表しちゃいけない事件を発表している事になりますよね。
「赤髪組合」のような隠す必要のない事件や「まだらの紐」のように冒頭に「関係者が亡くなったので公表する」と断わってある作品はともかく、この話を含め、公表しちゃいけない事件の方が多いような気がするんですが……その辺り、シャーロキアンの方々の解釈を聞いてみたい気がします(笑)

「青いガーネット」
推理よりは足を使った聞き込みで解決するお話ですが、クリスマス頃のロンドンの描写に雰囲気があって、結構好きです。

「まだらの紐」
これは、オチが分かってても面白かったです(笑)
とは言え、殺されたお姉さんが今際の際に「まだらの紐よ!」って言ったのは、やっぱ不自然ですよね。
ただの紐と思ってたら、そんなに取り乱す事はなかっただろうし、その紐が動いていたとしたら「蛇」にしか見えなかっただろうし。
ま、それを言っちゃあおしまいなんでしょうけど(笑)

「花嫁失踪事件」
む、これは感想が書きにくい(笑)
ホームズの推理もそれなりに堪能できるし、事件の真相もバレバレじゃなく、それなりに纏まってはいるものの、フレーバーが弱いので印象が薄いんですよねー。

「椈屋敷」
サスペンス風味が強くて結構ワクワク出来ましたが、オチがまた「娘の資産を手放したくない親が、娘を結婚させないようにする」パターンだったのでちょっとガッカリしました。
この短編集だけで三回目やん(´Д`;)
オチ以外は面白かったんだけどなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:5   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
うちのブログと相互リンクしてもらっている「化夢宇留仁」さんもホームズが大好きで、全話の感想をHPにあげておられます。

よければ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

見つけにくいところにありますけど……。
2010/12/29 20:39 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
教えていただきありがとうございます。
ホームズ関係、感想書いてらっしゃるサイトって結構あると思うんですが、とりあえずネタバレ避ける為にあまり見ないようにしてます(=´▽`)ゞ

一通り読んだら、いろんなとこ回ってみようと思います。
2010/12/30 00:49 | URL | edit posted by スミレ
コミケ帰りの電車の中で、古本屋で50円で買ったキャサリン・エアードの「そして死の鐘が鳴る」を読んでました。

どれだけの値打ちがある本かは、アマゾンをぐぐってみてください。

ひとこと感想をいうと……過大評価だぜアマゾン。

よいお年を〜♪
2010/12/31 21:58 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくハートキャッチ!(来月には終わりだが……)
2011/01/01 15:08 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

>キャサリン・エアードの「そして死の鐘が鳴る」
全然知らない作家さん&タイトルでした。
密室のトリックが評価されてる作品ってことでしょうか?
でも、50円は安いですね。
2011/01/02 10:42 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/424-12f291e6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。