スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
久世光彦『逃げ水半次無用帖』
久世光彦『逃げ水半次無用帖』読了。

逃げ水半次無用帖

久世光彦さんの連作短編捕物帳。
彼のいつものテーマ……「失われた古き良き日本への郷愁」「エロスとタナトス」「母性への憧憬」「影を背負った男達」等々……が鏤められていて、ファンにとっては馴染んだ雰囲気で安心して読めますね。

ただ、それらの要素とミステリとの相性はと言えば、ちょっと?な感じですね。
相乗効果とはならず、どっちつかずな印象で、どこか物足りなさが残ります。
とは言え、そこそこ面白く読めはしましたが。

ラストの思いっきり様式美的なビジュアルは、久世のTBS時代の先輩である実相寺昭雄監督の作品を彷彿とさせますね。
ただ、あまりに様式的すぎてリアリティを殺いでしまってるようにも感じました。

ラスト……半次さんは救われたのかも知れないけど、お小夜ちゃんは可哀相すぎるなぁ。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/421-d5f934f8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。