スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 5』
アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 5』読了

黒後家蜘蛛の会05

シリーズ五冊目にして最終巻(今の所)。
ブラック・ウィドワーズ達のお喋りの楽しさは変わらないのですが、シリーズ初期と比べると謎解きの面白さは正直薄くなってきている気がします。
ヘンリーの謎解きの後の驚きが少なく、「ふーん」で終わってしまうお話もあったりで。
それは、この巻だけがそうだという訳ではなく、巻を重ねる毎に徐々にそうなってきた感じですが。
この巻で言えば「待てど暮せど」「アリバイ」「秘伝」あたりは、ちょっと物足りなかったですねー。

そんな多少の不満はあれど、この連作のメインディッシュは魅力的なキャラクター達による魅力的なお喋りなので、それほどは気にならないかな。
むしろ、ジェフ・アヴァロンがいつも願っているように、謎解きが全くないお話があっても良いんじゃないかと。
謎解き無しでも充分面白くなると思います。

さてさて、創元さんには頑張ってもらって、6巻を出してほしいですねー。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:4   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
いつまでたっても出ないのは、もしかしたら「黒後家蜘蛛とバットマン」の版権でもめているとかかなあ、と邪推してみたり。

でも悲観は禁物です。

「2」が出てから20年後、誰一人として期待しないどころか思考の片隅にすらおいていないころに「3」が出た「思考機械の事件簿」みたいな例もありますし(笑)

……じゅうぶん悲観的やん(爆)
2010/12/10 20:40 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
社会思想社って潰れたんですよね?
「黒後家蜘蛛とバットマン」の翻訳権は今どこが持ってるんでしょう。
その他の単行本未収録作品の邦訳が掲載されたのって、ミステリマガジンでしたっけ?
とすれば、早川が版権持ってるって事ですよね。
うーん、創元から6巻が出るのは難しそうですねー(´Д`。)
2010/12/11 16:54 | URL | edit posted by スミレ
たいていはEQですね。

光文社です。

となると……難しいことには変わりないなこれじゃ(^^;)
2010/12/15 21:35 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
光文社でしたか(=´▽`)ゞ
個人的に、光文社って馴染みが無いなぁ。

黒後家6巻は、やっぱ望み薄ですねー(ノД`)・゜・。
2010/12/16 22:04 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/414-0a77c43d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。