スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
藤子・F・不二雄大全集『ミラ・クル・1/宙ポコ/宙犬トッピ』
藤子・F・不二雄大全集『ミラ・クル・1/宙ポコ/宙犬トッピ』

ミラ・クル・1

藤子・F・不二雄大全集第2期、第四回配本分『ミラ・クル・1/宙ポコ/宙犬トッピ』の感想です。
1979年に「月刊コロコロコミック」に連載された作品。
作品名は知っていましたが、読むのは初めて。

『ミラ・クル・1』は、大全集に既に収録されている『パジャママン』と基本設定がそっくりで、主人公達の年齢を少し上げたリメイクと言った感じですね。
オーソドックスなF先生作品といった印象で楽しめますが、わずか5話しかないのが残念ですね。
なんでも、『大長編ドラえもん』の製作の為に、この作品が中断され、そのまま再開されなかったとか。
もっと色んなお話を読んでみたかった気がしますね。
F先生自身も、この作品に愛着を持ってらしたらしいですし。

他に「宙ポコ」「宙犬トッピ」も収録。
こちらも面白いです。
個人的には、「宙犬トッピ」が気に入りました。
これももっと読んでみたかったなぁ。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


comment
「ミラ・クル・1」は当時のコロコロコミックで2話だけ読みました。

面白かったんですがねえ……。

そう思うと、「大長編ドラえもん」の功罪というものが……
うむむむ。
2010/12/10 20:36 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
F先生自身は、続き描きたかったみたいです。
「ミラ・クル・1」に限らず、短命に終わってしまった作品の多くは、もっと読んでみたいものばかりで、残念に思います。
2010/12/11 16:46 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/413-f3c80ec7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。