スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 4』
アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 4』読了。

黒後家蜘蛛の会04

シリーズ四冊目。
安定した面白さです。

偽悪者というかツンデレというか、愛すべき憎まれっ子マニー・ルービンの魅力全開の「よきサマリア人」。
たまにはこういうハートウォーミングなお話もイイですね。

「獣でなく人でなく」は、エドガー・アラン・ポオの詩が絡む一篇。
途中、ラヴクラフトの名前にも触れられるので、オチに関わってくるのかと思って期待してたら、ラヴクラフトは全然関係なくてちょっと肩透かし(笑)
ヘンリーが「その星とはユゴス。つまり冥王星でございます」とか言ってくれるかと思ったのに(笑)


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/410-2acb1ec5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。