スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『四つの署名』
コナン・ドイル『四つの署名』

ホームズ/四つの署名

『緋色の研究』に続いて、シャーロック・ホームズ・シリーズの二作目読了です。
前作は、ホームズとワトスンの出会いからホームズの人となりや推理法を描く紹介編といった内容だった上に、半分くらいは犯行の動機に纏る三人称の物語だった事もあって、ホームズの活躍という点ではちょっと物足りない感も無きにしもあらずだったのですが、今作はそう言った面でも充分満足できました。

冒頭、ホームズがコカインを嗜むシーンから始まったので、笑ってしまいました。
これが有名なアレか、と。
ワトスンが「きょうはどっちだい? モルヒネかい、それともコカインかい?」と言ってる所を見ると、モルヒネもやってたんでしょうねー(笑)

推理だけじゃなくて、テムズ河での汽船の追跡シーンを始め、屋根に上ったり、犬を使って手掛かりを追ったりと、動きのあるシーンが多いのもイイですね。
特に、汽船のシーンは、読んでて結構ワクワクしました。

あと、依頼人に一目ぼれしてしまうワトスンが可愛くて良いです。
二作目でいきなり結婚は無いと思い込んでたので、本当に結婚してしまう展開はちょっと意外でした。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/402-3842aedd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。