スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『緋色の研究』
コナン・ドイル『緋色の研究』

ホームズ/緋色の研究

説明不要。
シャーロック・ホームズのシリーズ第一作です。
白状しますと、シャーロック・ホームズ作品は、原作はだいぶ前(中高生の頃)に数冊読んだきりで、後は小学生の頃に読んだジュブナイル版や、ドラマや映画等の映像化された作品で見た程度だったりします。
そんな訳で、以前から「ホームズは、いつかはちゃんと読まんとあかんなぁ」と思いつつはや幾年。

で、『黒後家蜘蛛の会』の二巻を読み終えて、本当は続けて「黒後家」の三巻を読みたい所なんだけど、まだ届いてなくて、さあ困ったと本棚を見やった時に目が合ったのが新潮文庫の水色の背表紙。
ちょうど、個人的にミステリ熱も高まってた所だし、ここらが潮時かと今回こちらを手に取った次第です。

因みに、少し前から古本で集めて今は全巻揃っているのですが、最初どの出版社のバージョンにしようか迷いました。
とりあえず、新潮版と創元版とハヤカワ版の『シャーロック・ホームズの冒険』を比べてみたのですが、創元版は悪くは無いけどちょっと訳が硬い感じがしたのでまず除外。
新潮版とハヤカワ版は、どちらも甲乙つけがたい名文だと感じましたが、入手の容易さも考えて、新潮文庫版の延原謙訳のお世話になる事に決めました。
ハヤカワ版のホームズって、あまり見かけないんですよねー。

で、本編ですが、予想以上に面白かったです。
なんと言っても、ホームズと言うキャラクターの魅力ですね。
さすが探偵小説の代名詞となるだけの事はあります。
まぁ、推理自体に新鮮味とか驚きとかは、もはや感じられないのが正直な所ですが、古典と思えばその辺は全然気になりませんしね。

ホームズとワトスンは勿論、レストレードとグレグスンの両警部やベーカー・ストリート・イレギュラーズの悪童達もイイですね。
シリ-ズ一作目で主要な登場人物がこれだけ揃っている事もちょっと意外でした。

中盤、唐突に、ワトスンの一人称を離れて、三人称で犯行の動機に至る長い物語が語られ始めて、ちょっと面食らいました。
でも、それがやけに面白いの。
宗教って恐ろしいなぁ(笑)


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


comment
わたしはあの三人称復讐小説でめげたクチです。(^^;)

ホームズとワトスンの冒険譚が読みたいんだこっちは! と本を投げそうになること数回(^^;)

暗くてドロドロしていてあまり好きな作品ではないですねえ。
2010/11/10 13:35 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
確かに、あの三人称復讐小説はちょっとオカシイと思います。
ミステリ云々以前に、小説として(笑)

でも、シリーズ第一作だから、フォーマットから外れるのもアリかなぁと思いましたし、ドロドロしてる所も結構楽しかったんですけど……そう感じた私は少数派なんでしょうか(笑)

とは言え、今『四つの書名』を読んでるんですけど、比べると確かに『緋色の研究』の方が落ちますね。
2010/11/11 02:31 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/397-b4619e41
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。