スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『インセプション』
映画『インセプション』

インセプション

見たのは先々週ぐらいなんですが、なかなか感想を書く時間が無くて後回しにしてました。

クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の……えーっと、ジャンルは何だろう?……SFサスペンス・アクション・ヒュ-マンドラマ?
今まで、ノーラン監督の作品は何本か見ましたが、どれも良く出来てるけど、どうも私の琴線に触れる所が少なくて、「めっちゃ面白かった!」とまではいかない印象でした。
でも、この『インセプション』は結構面白かったです。

他人の夢の中に侵入する。って、それだけならよくあるお話なんですが、夢の中で眠って、さらにその夢の中に入って、またその夢の中で更に夢を見て……と言った感じで、それらの夢が同時進行で展開する様は、なかなか馬鹿馬鹿しくてワクワクしますね。

また、他人の夢に入る時のルールや法則が色々あって、その上に今回のミッションの特別ルールが上乗せされて、さらに主人公(ディカプリオ)のトラウマからくる俺ルールまであって……と言う具合に設定尽くしの内容なんですが、それを分かりやすく説明してあるのが見事。

上のポスターにもある様な街並みが変形するシーンとか、天地がゆっくりとひっくり返るホテル内部の格闘シーンとか、ビジュアル面でも見応えがあります。
ホテルのシーンのジョゼフ・ゴードン=レヴィットが格好良いんだ、これがまた。

それぞれ違った分野のスペシャリスト達(リーダー、変装の名人、紅一点等々)がチームを組んで、架空の舞台を作り上げ、それぞれの役割を演じて、ターゲットを罠に嵌める。というあたりが「スパイ大作戦」っぽくて、個人的にはそんな所もツボでした。

ただ、そういった“夢の中のスパイ大作戦”だけじゃなくて、主人公のトラウマ克服話が絡んでくるので、単純痛快なお話で終わらない所は良し悪しかと。
その辺りは、いつものノーラン節だなぁ。

それから、キャスト面もなかなか良いです。
ディカプリオは元々そんなに好きじゃないのですが、この映画ではまずまず悪くなかった感じでした。

それよりも、脇がすごくいいんですよ。
上にも書きましたが、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがめっちゃ格好良いです!
実は、彼の出演してる映画はこれが初めてだったのですが、ちょっと惚れましたね(//∇//)

あとヒロインのエレン・ペイジの美人過ぎない普通っぽさも好印象でした。
個人的にちょっと友人に似てるもので、その分親近感上乗せ気味ですが。

あと、渡辺謙さんも格好良かったですよ。
同じノーラン監督の『バットマン・ビギンズ』の時とは、エライ違いです。

他にも、キリアン・マーフィーも好きな役者さんで、今回も印象的だったし、これまた大好きなマイケル・ケインも相変わらずステキでした。

そんな感じで、なかなか満足出来る面白い作品でした!


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画感想 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/361-aa8fe3ba
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。