スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』
映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』

MOVIE大戦2010

残すところ、あと四・五回しかないW本編の最終回前には見ておきたいと思ってたのですが、やっと見れました、MOVIE大戦2010。
テレビ版の続きを描く『仮面ライダーディケイド 完結編』と、翔太郎とフィリップの出会いと翔太郎の師匠・鳴海荘吉に纏る事件を描く『仮面ライダーW ビギンズナイト』、そしてディケイドとWの2つの物語が収束する『MOVIE大戦2010』の三つのエピソードで構成されています。

そんな訳で、まず『仮面ライダーディケイド 完結編』
完結編と言いながら、テレビ版の最終回から話が繋がってないし、相変わらずキャラの言動もムチャクチャだし、伏線も全く回収しないし、色々ヒドイです。
夏海が変身するとか、鳴滝さんがゾル大佐だったとか、ほんとヒドイ。

途中、紅渡が出てきて「ディケイドに物語は無い」と言った時は、そういう(ディケイドは作品と言うよりお祭りだから物語は無いですよ的な)メタなオチだったらアリかなぁと思ったんですが、そうはならずに結局また薄っぺらい友情だの信頼だのを唱える物語ごっこで終わったので、ほんとガッカリでした。

続いて始まった『仮面ライダーW ビギンズナイト』
打って変わって、とてもしっかりしたお話で面白かったです。
酷いディケイドの後だと、Wの脚本の誠実さが一層引き立ちますね。

いつもは犯罪者(ドーパント)に対して言う「お前の罪を数えろ」の台詞に、翔太郎とフィリップの二人が、自身の過去の過ちと向き合うと言う意味を重ねつつ、おやっさん=鳴海荘吉の死を乗り越えるという所に持っていくのが上手いですね。
帽子に込められた意味など、細かいところまで気配りが行き届いていて、安心して見ていられます。

鳴海荘吉役の吉川晃司さんも、さすが渋くて格好いいですね!
テレビ版の挿入歌“Nobody's Perfect”は、『~ビギンズナイト』で掛かる曲だと思い込んでましたが、違うんですね。
勘違いしてました。

そして、最後の『MOVIE大戦2010』
ディケイド完結編に、Wが合流するお話ですね。
お話と言っても、ほぼ戦闘シーンだけなんですけど。
ラストで、別の世界の仮面ライダースカル=鳴海荘吉が登場する所は良かったですねー。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:1
[仮面ライダーW

thema:仮面ライダーW - genre:テレビ・ラジオ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/345-09c068ab
trackback
仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010を見てきました。一応、ネタバレ有りなので見る時は注意して下さいね。ワンピースと一緒に公開してる劇場は混雑ぶりが凄いらし...
| MAGI☆の日記 | 2010.08.02 12:17 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。