スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『ターミネーター4』
映画『ターミネーター4』レンタルで見ました。

ターミネーター4

説明不要、シリーズ四作目です。
前の三作のような「コナー母子を殺しに、未来から殺人ロボットがやってくる」と言う内容じゃないのが、一番の特徴でしょうか。
所謂、審判の日(ジャッジメント・デイ)後の世界で、機械と人間の戦いを描く作品になっております。

……それって、最早ターミネーターじゃないじゃん(´Д`;)というのが、誰しも感じるツッコミ所かと思いますが、それでも面白ければそれはそれでいいんですよ。
うん。結論を言えば、面白かったんですよ。

確かに、ただドンパチやってるだけだったら、「これ、敵が機械じゃなくて、ゾンビとかエイリアンとかプレデターとかでも全然イケるよね」って思ったかも知れませんが、それだけじゃないんですよねー。
この作品に登場する謎の男(笑)マーカス・ライトのエピソードがすごくイイ!(☆w☆)!
反乱軍のリーダーであるジョン・コナーが「ターミネーター・シリーズ」としての主人公だとすれば、マーカス・ライトは『ターミネーター4』の主人公と言える存在で、この人がいたお陰でただの近未来戦争アクションで終わらずに済んだって感じですね。
ラストとか、ほんのり感動してしまいました。

それにしてもCGの技術はスゴイですね。
『T2』のCGも当時はすごく感じましたけど、最近のは「すごいCGを見せる」じゃなくて「如何に自然に見せるか」って方に気を使っているように思えます。
シュワルツェネッガー出演してないのに、若い頃のシュワの姿をしたT-800が(本当にそこにそれが居るかのように)暴れ回ったりとか、序盤で爆風に巻き込まれて錐揉み状態のヘリを外から撮ってたカメラが、ヘリと一緒にグルグル回った後で、スッとヘリの後部座席に入り込んだ時はなんか「スゲー(゚□゚;)」て思いました。
この辺のハッタリの効いた映像&演出は、さすが『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督ですねー。

キャスト的には、やっぱマーカス役のサム・ワーシントンが良かったですねー。
勿論役柄が良かった事も大きいのですが、サムの繊細な演技もとても良かったと思います。
ジョン・コナーのクリスチャン・ベールは、『ターミネーター3』のうらぶれたジョンは何処へやら(いや、別人だから(笑))、凛々しくてカッコよかったですよ。
あと、マイケル・アイアンサイド久しぶりに見た(笑)

設定的には一応『ターミネーター3』の続編になってるんですね。
一般的には評価の低い『T3』ですが、個人的には結構好きなので、これはちょっと嬉しいです。
……と言う事は、『T3』は無かった事にして『T2』の続編として仕切り直した、テレビ版の『ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ』とは繋がってないって事ですね。
まぁ、時間SFの場合、歴史を変えるという裏技が使えるので、やろうと思えば『サラ・コナー・クロニクルズ』も簡単に正史に入れられそうですけど。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/327-256e0c65
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。