スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『三銃士』(1993)
映画『三銃士』レンタルで見ました。

三銃士(ディズニー)

今度は、1993年製作のディズニー・ピクチャーズ版。
結構有名な映画ですけど、実は見るの初めて。

ディズニー製作と言う事で、単純明快・勧善懲悪・流血&色恋かなり少なめにアレンジされていています。
中でも、ストーリーに一番影響を与えてるのが「色恋少なめ」の部分で、アンヌ王妃はルイ13世との夫婦仲円満で「バッキンガム公?誰それ?」状態なので、『三銃士』で一番有名な“王妃の首飾り”のエピソードも出る幕ないし、ミレディーとダルタニャンも事に及ばないので二人の確執も無し、コンスタンスは独身で(勿論ボナシュー登場せず)お飾りヒロイン状態……というよりほぼ空気。

他にも、「勧善懲悪」アレンジのお陰で、ロシュフォールとリシュリュー枢機卿は、国王暗殺を企む分かりやすい悪者に(´Д`;)
ここまで違うと、原作とは完全に別物として見るしかないですねー。

そんな感じで、原作好きには正直物足りない感じですが、アクション多めで退屈しないし、子供向けの翻案作品として考えれば、なかなか良く出来ているんじゃないでしょうか。

ただ、親衛隊の人達が、完全に個性のない敵の戦闘員扱いだったのはちょっと残念でした。
枢機卿の国王暗殺計画を知ったら、銃士隊側に寝返る人が出てきても良いんじゃないかなぁ。

キャストも、17世紀のフランス人には見えない事を除いては、概ね悪くなかったです。
特別良くもなかったですけど。
チャーリー・シーンも、この頃は格好良かったんですねー。

あと、字幕で、例の“一人はみんなの為に~”てキメ台詞が、ただ「一心同体」と訳されてたのは、あまりに味気ないなぁと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/324-0cb7f3f2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。