スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
NHK人形劇『新・三銃士』第37話
NHK人形劇『新・三銃士』第37話「決断のとき」
コンスは、ダルが一番変わったと言うけど……変わったかなぁ(´Д`;)

それはさておき、とうとうバッキンガム公爵がお亡くなりになられましたね。
ミレディーの暗殺道具で死んだにせよ、直接的には、バッキン自身の不注意も手伝った事故と言う形で。
これは、ミレディーの生存フラグなのか、それともミレディーが死ぬ時に、視聴者が同情できる余地を残しておいた。って事なのでしょうか。

ポルトスさんを見舞いに、お姉さん達に混じって、酒場のボーイさんまで来てたのには、ちょっと泣けてきました。
公式サイトの登場人物一覧にも載ってないけど、この人も立派なレギュラーですよねー。

介護疲れのコクナールさんの姿は、あまりに生々しくて、見てて辛かったです。
でも、遂にポルトスさん復活!
頬に落ちた涙が切っ掛けなんて、ベタすぎるけど、ま、良かったかな。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/294-6009dd02
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。