スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『ウルフマン』
映画『ウルフマン』劇場で観ました。

ウルフマン

最寄りのシネコンのタダ券の期限が迫ってたので見てきました。
『シャッター アイランド』とか『タイタンの戦い』とか、他にも見てみたい映画があったのですが、よりによってコレ(笑)

何でこれにしたのかと言えば、ジョー・ジョンストン監督が好きだからです。
決して、次から次へと大ヒットを飛ばしたり、個性的な作風で信奉者を生むような監督ではなく、一般的な知名度も低いけど、監督作を並べると「アレも面白かった」「コレも好き」と、どこか自分の好みに合う監督さんって、たまにいますよね?
私の場合、この作品のジョー・ジョンストン監督や、アレックス・プロヤス監督がそんな監督さんなのです。

ちなみに、ジョー・ジョンストンの主な監督作を挙げると、『ミクロキッズ』『ロケッティア』『ジュマンジ』『ジュラシック・パークIII』等々で、どれも明朗な作風とテンポの良さが魅力の良作ぞろいだと思います。
『ジュラシック・パークIII』なんて、スピルバーグが撮った一作目&二作目よりも遙かに面白かったと思います。
個人的な意見ですが、どこか藤子・F・不二雄先生と通じる雰囲気を感じるんですよねー。

で、この映画の感想ですが、残念ながら今一つの出来だったような。
19世紀末の英国を舞台にしたゴシックホラー的雰囲気は、なかなか良かったんですけどねー。

まず、ヒロインが邪魔だったんじゃないかなぁ。
やりたい事は分かるけど、あれだけ大勢の人を虐殺しといて「ヒロインの愛で呪いに打ち勝ちました」オチは絶対に無いと思って見てたので、ヒロインが周りの足を引っ張ってる様にしか思えなくて。

あと、主演のベニチオ・デル・トロが、あまり好きじゃないってのも大きいのかも知れません(笑)
別に、生理的にダメとかじゃないんです。
ルックスだけで言えば、渋くて格好良いと思うんです。
でも、普通の役でも苦悩の仮面を被ってるような顔をしてるから、なんか感情移入がしにくいんですよねー。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画感想 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/292-320a7437
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。