スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『パイレーツ・ロック』
映画『パイレーツ・ロック』レンタルで見ました。

パイレーツロック

『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督作。
この人、『ビーン(劇場版)』や『ノッティングヒルの恋人』、『ブリジット・ジョーンズの日記』なんかの脚本も書いてるんですね。

で、この作品ですが、『ラブ・アクチュアリー』同様、全体的な雰囲気は楽しくていいのですが、一つ一つのエピソードが、どうも薄くて印象に残らない。
クライマックスも、物語の纏めとしては論点がすり替わってるようで、スッキリしない。
だから、見終わって面白かったかといえば、「面白く無くは無いのだけれど……」と言葉を濁したくなるんですよね。

劇中でかかるロックやポップスの名曲の数々はステキだし、馬鹿騒ぎ的なノリは嫌いじゃないんだけど、もう一度見たいかと言えば、やっぱりもういいや……って感じ?(´ε`*)

私の好きなビル・ナイやニック・フロストが出演してるのは、良かったです。
ビル・ナイ、相変わらずステキです。
ステキな爺様です。
ニック・フロストも、相変わらず厚かましいけど憎めない奴を演じていてイイですねー。
他にも、フィリップ・シーモア・ホフマンやケネス・ブラナーなどの個性的な役者さんが出演して、キャスト面では申し分ないですね。

そんな感じです!


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画感想 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/288-73ea3e18
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。