スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
漫画:『オバケのQ太郎 5』
漫画:『オバケのQ太郎 5』

オバケのQ太郎5

だいぶ遅れましたが、藤子・F・不二雄大全集第九回配本分、『オバケのQ太郎 5巻』『パーマン 6巻』『ドラえもん 6巻』から『オバケのQ太郎 5巻』の感想を。

少年サンデー連載分はこの巻で完結。
とりあえずの最終回らしい話も収録されていて、ホロッときますねー。

藤子・F・不二雄先生の短編集の異色短編『劇画・オバQ』の中でも触れられた、無人島に子供達だけの王国を作るエピソード「オバQ王国」も収録されています。
勿論と言うか、このエピソードを読むのは初めてで、今回この話を読む事が出来て、やっと私にとって『劇画・オバQ』が閉じたような感覚を味わったような気がしました、って伝わりますでしょうか(笑)
それにしても、この作品のような名作が長いこと読むことが出来なかったなんて、ホントに残念なことだと思いますし、今こうして読むことが出来るってことは、嬉しいことだなぁとしみじみ思いますねー。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/280-6de2c77f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。