スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『モンティ・パイソン ライフ・オブ・ブライアン』
映画『モンティ・パイソン ライフ・オブ・ブライアン』DVDで見ました。

DVDをゲットして、久しぶりに見たので感想を。

初めて見たのは高校生の頃なんですが、その時はお腹がよじれるかと思うぐらい笑ったのを覚えています。
箸が転がっても可笑しい年頃。
あの頃は、すれてなかったんだなあと、思わず遠い目になりますニャー。

まあ、腹がよじれるほどの大爆笑こそしませんが、今見ても充分楽しめました♪
全然古さを感じられないのがスゴイですね、さすがパイソンズ。
やっぱり、モンティ・パイソン映画の中で、「ライフ・オブ・ブライアン」が一番好きですね。
「アンド・ナウ」も面白かったけど、あれはテレビ版の傑作選のリメイクだからなぁ。
「ホーリー・グレイル」とか「人生狂騒曲」も好きだけど、途中ダレるのがちょっと。

「ライフ・オブ・ブライアン」のどこが好きなのかと言えば、多分、宗教や信仰をおちょくってる所なんだろうと思います。
権威とか宗教とかセックスとか、タブーに突っ込むってのはお笑いの基本ですしね。
そんな意味でも、群衆がブライアンを勝手に救世主に祭り上げていく件が一番好きですね。

デカマラスって、原語ではBiggus Dickusって言うんですね。
DVDで初めて知りました。
翻訳した人、グッジョブ(・ω・)b

  
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/25-ee12f12b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。