スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
NHK人形劇『新・三銃士』第28話
NHK人形劇『新・三銃士』第28話「本当の気持ち」
プランシェ、普通に手紙読んでるし。
字、読めるんだ(笑)。
今回、「ミレディー」とか単語は伝わってたみたいだし、最終回頃には普通に会話ができてそうですね。

天地真理(で、合ってますよね?)のモノマネとか、今回はミレディーの……というか戸田恵子さん大活躍の回でした。
三谷先生も、戸田さんだからこんだけの事させられるんでしょうねー。
でもまぁ、今回の見て改めて、三谷先生はコメディの人だなぁと思いました。
ほとんど間男もののコントでしたもんね。

相変わらず、ダメだこりゃなダル。
草葉の陰で、ベルトランさんは泣いてるぞ!

さらにアラミスまで、コンスタンスに骨抜きになってしまってるようで。
コンスタンス……恐ろしい子!

最近王様の出番が無くて寂しいです。
ドーメーブー♪


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


comment
どんどん話が昼ドラになっていく(^^;)

ちょっと前のアニメ「巌窟王」でもそうだったけど、大デュマ先生の作品は昼ドラと相性がいいのかなあ。
こんな化け物を親父に持った「椿姫」の小デュマ先生はすごく苦労しただろうなあ。
2010/03/09 17:53 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
アニメの「巌窟王」もそんな話でしたか。
「モンテ・クリスト伯」は読んでないのですが、「ダルタニャン物語」を読んでる感じ、大仰だったり結構いいかげんだったりなところとか、昼ドラっぽいのかも知れませんね。
2010/03/10 00:48 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/241-8284b9a3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。