スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
京都太秦・時代劇検定
京都の市営地下鉄の駅の構内にしばらく前から貼り出してあったポスターで気になってたのですが、京都太秦・時代劇(トライアル)検定なるものが、今日開催されるようです。

時代劇検定01

http://www.ku-j.jp/pc/

ウチのおばあちゃんが時代劇が好きで、その影響で私も小さい頃から結構時代劇を見てきて、自然と好きになってたのですが、比較的新しいものならともかく、古い作品の問題とか多分あまり分かんないだろうなぁ。
講談や歌舞伎等で、一昔前までなら日本人の基礎知識だった様な事も、私の世代だとサッパリだし(それでも同世代の中ではまだ知ってる方だとは思いますが)。
なんか、そういう基礎知識的なのって、西欧で言えばシェイクスピアとか聖書とかみたいなもので、やっぱ知ってた方が色んなものがより楽しめるだろうなぁと思えるんで、覚えていきたいなぁと思ってはいるんですけどねー。

とりあえず、面白そうなので受けてみようと思ってます。
無料なので。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[ニュース

thema:その他 - genre:その他


comment
伊藤大輔監督いいですよ。「忠次旅日記」は日本映画史上最高の作品ですな。

……っていつの話じゃー!!!!(笑)

工藤栄一監督いいですよ。「十三人の刺客」は、ある意味黒澤明を抜いて日本戦後映画史上最高の作品ですな。

……これまた問題発言を(笑笑)。
2010/01/24 16:10 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
伊藤大輔監督の作品は多分一度も見た事がありませんです。
「忠次旅日記」、覚えておきます。

「十三人の刺客」は、確か高校生の頃に見たはずなのですが、あまり覚えてません。
なんか台詞が聞き取りづらかった事だけは覚えています。
当時の邦画って、基本台詞聞きづらいですよね。
見てる内に耳が慣れてくるのですが。
これも機会があれば見直そうと思います。
2010/01/25 02:44 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/207-9f9aa83b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。