スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
漫画:『ドラえもん 4』
藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん 4巻』

ドラえもん04

藤子・F・不二雄大全集の第6回配本分残りの一冊、『ドラえもん 4巻』読了です。
この巻の特徴は、なんと言っても「さようなら、ドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」が続けて収録されている事じゃないでしょうか。
今まで何度も読んでるこれらの作品ですが、改めて読んでもやっぱり面白い。
「さようなら、ドラえもん」の、のび太がジャイアンにすがりつきながら「ぼくだけの力で、きみに勝たないと……。ドラえもんが安心して……、帰れないんだ!」と叫ぶシーンは涙無くしては読めないですね。

それと、「帰ってきたドラえもん」や「化石大発見!!」を改めて読んで、子供の頃、エイプリルフールというイベントをドラえもんで知った事を思い出しました。
やっぱ、ドラえもんは特別な作品だなぁって思いますね。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/194-1d483eb3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。