スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
NHK人形劇『新・三銃士』第1話~第5話(再放送)
昨日の深夜というか今日の早朝やってた『新・三銃士』の再放送、第1話~第5話を見ました。

NHK連続人形活劇「新・三銃士」オフィシャルサイト

面白いとの噂を聞いていたのですが、途中から見るのは嫌だったので、見ときゃ良かったなぁと後悔していたのですが、三夜連続で再放送される事になって大喜びで録画した次第です。
ちょうど最近、原作『ダルタニャン物語』を読みはじめたところで(「三銃士」に当たる部分を読み終え、今「二十年後」に入ったあたりです)、原作をどうアレンジしているかも気になってました。

そんな感じ見始めた『新・三銃士』ですが、噂通りというか想像以上に良く出来てますね!

目線を変えたり瞼を閉じたり、人形も精巧に出来ていて、操演も見事で、すごく活き活きしてます。
今回の再放送用だと思いますが、ナレーションの爆笑問題の田中さんと人形達が並んで登場する場面がラストにあるのですが、それまで劇中で生きてるように感じられた人形達が、生身の人間と並んでいるとなんか強烈な違和感を感じてしまいます。
それほど、人形達が活き活きしていたという事なんでしょうね。

また、美術も素晴らしくて、パリの街並みの普通の生活感や、それとは対照的にRPGのラスボスの城のように非現実的な王宮とか、巨大なファベルジェの卵のようなリシュリューの部屋とか、見ていて飽きません。
それに、人形劇のイメージを覆す大胆なカメラワークがあったり、照明や演出も頑張っていて、なんだかグイグイ引き込まれます。

お話も結構大胆なアレンジが施してあって、いい感じです。
原作は夕飯時に教育テレビでやるには問題ありそうな部分も結構ありますしねー。

キャラクターもだいぶアレンジしてあって、そちらも楽しいですね。
リシュリューやロシュフォールを完全に悪役にしちゃったのも、これはこれで分かりやすくて良いと思います。
ミレディーは、原作では一番の悪役だからあんな感じだし。

特にお気に入りは、ルイ13世とプランシェですね!
原作では普通に人間で、ダルタニャンに忠実で機転も利くとても頼もしい従者のプランシェが猿て(笑)。
いいなぁ。

さて、今夜と明晩の分も見逃さないようにしなきゃ。
11月22日(日) 午前1時15分~午前2時55分(第6話~第10話)
11月23日(月) 午前0時40分~午前2時(第11話~第14話)
関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


comment
ねっ、面白いですよね!

個人的には理性の塊のようなアラミスと、イヤらしいイヤらしい演技が光るリシュリュー枢機卿がお気に入りです(^^) リシュリュー枢機卿、子供にはトラウマになるんじゃないのかな(笑)。

今から講談社文庫を入手するのは不可能みたいなので、わたしは岩波の「モンテ・クリスト伯」でも読んで寝ようかな。ぶう。

たぶんこれも海外に売ることを考えて作っているんだろうけれど、こんなもの海外で子供に見せていいのかな(笑)。ある意味深夜アニメより大人向きだったりして(^^)

金曜日が楽しみ〜♪
2009/11/25 17:04 | URL | edit posted by ポール・ブリッツ
>ポール・ブリッツさん
仕事疲れで、まだ続きを見られてないのですが、なんとか次の金曜日までには再放送分をクリアしときたいと思います。

リシュリュー、悪役らしくてイイですよね。
王妃は、一番原作のイメージに近いような気がします。

講談社文庫版は6巻までしか持ってなくて、全部揃ってから読もうと思ってたのですが、全部揃うのがいつになるか分からないのと、「新・三銃士」の事もあり、読みはじめちゃった次第です。
一冊2000円とかで出てる復刊ドットコム版が早く文庫化されるとイイですねー。
2009/11/26 02:42 | URL | edit posted by スミレ
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/169-f59e19aa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。