スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『スカイ・クロラ』
映画『スカイ・クロラ』見ました。

押井守は結構好きな監督さんなんですが、その作品の中でもどちらかと言うと鬱々と屁理屈こねくり回してる作品が好きで、パトレイバーは1より2、攻殻機動隊も「GHOST IN THE SHELL」よりも「イノセンス」派だったりします。
あとは「アヴァロン」とか「立喰師列伝」も好きです。

で、何が言いたいかと言いますと、物語自体は押井監督らしいと言えばらしいのですが、全体的にあっさり薄味の「スカイ・クロラ」は、正直物足りなかったなと思ったわけなんです。

子供の姿のまま歳を取らないと言う設定や、一応ネタバレなので伏せますが○○○○と言う設定も、特別目新しさはなく、それらの設定だけで物語を引っ張るには弱い感じがしてしまいます。

決してつまらなかった訳ではないのですが。

菊地凛子は面白い声してますよね。
声質自体はアニメ声っぽくもあるのですが、演技はアニメっぽくない感じが独特の雰囲気があって良かったと思います。

谷原章介は普通に上手い吹替でしたよね。
と言うか普通の実写ドラマの時も吹替っぽくて結構好き(´∀`)


  


関連記事
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sumirecinema.blog93.fc2.com/tb.php/1-9a486faf
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。