スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』読了。

シャーロック・ホームズの冒険

ホームズ・シリーズ最初の短編集ですね。
ただ、この新潮文庫版はページ数の都合で、全十二篇のうち十篇しか収録されておらず、割愛された作品は他の短編集からの物も含めて「シャーロック・ホームズの叡知」というタイトルで纏められています。
新潮版は気に入ってるんですが、これだけは何とかならなかったのかなぁと思いますねー。
では、一つ一つ感想を……。

「ボヘミアの醜聞」
連載第一回の作品にしては、変化球なお話ですよね。
ホームズの推理の見せ場もあまり無く、発煙筒を使った作戦もあまりに強引すぎる気がします。
アイリーン・アドラーの女傑ぶりは確かに魅力的ですけど、逆に言えばそれだけのお話にも思え……。

「赤髪組合」
ミステリアスな出来事を発端に冷徹な推理で真相を暴く。
「ボヘミアの醜聞」とは打って変わって、ホームズものらしい作品ですね。
あまりに有名なので、今となっては新鮮な驚きこそありませんが、好きなお話です。

「花婿失踪事件」
これも、結構大概な話ですね(´Д`;)
なんて言うか、真相がバレバレ過ぎて、もう……。
当時はこれでオッケーだったのかも知れませんが、今となってはなぁ……。

「ボスコム谷の惨劇」
「緋色の研究」や「四つの署名」と同じく、海外での因縁に端を発する復讐ものの一種と言えるかな?
膨らませば長編になりそうですが、これはこれぐらいの長さで正解のような気がします。

「オレンジの種五つ」
K・K・Kという署名が出てきた時点で、当然の様に「クー・クラックス・クラン」の事として読んでたら、ワトスンが「このK・K・Kというのはいったいなにものだろう?」とか言いだしたのでビックリしました。
この頃はまだ知られてなかったんですねー。
それにしても、事件の真相をほぼ推理できているのに、依頼人を帰したらあかんやん、ホームズ(´Д`;)
ホームズにしては大失敗な事件ですが、意外と好きです、このお話。

「唇の捩れた男」
この短編集を読んでて思うんですが、ワトスンって、公表しちゃいけない事件を発表している事になりますよね。
「赤髪組合」のような隠す必要のない事件や「まだらの紐」のように冒頭に「関係者が亡くなったので公表する」と断わってある作品はともかく、この話を含め、公表しちゃいけない事件の方が多いような気がするんですが……その辺り、シャーロキアンの方々の解釈を聞いてみたい気がします(笑)

「青いガーネット」
推理よりは足を使った聞き込みで解決するお話ですが、クリスマス頃のロンドンの描写に雰囲気があって、結構好きです。

「まだらの紐」
これは、オチが分かってても面白かったです(笑)
とは言え、殺されたお姉さんが今際の際に「まだらの紐よ!」って言ったのは、やっぱ不自然ですよね。
ただの紐と思ってたら、そんなに取り乱す事はなかっただろうし、その紐が動いていたとしたら「蛇」にしか見えなかっただろうし。
ま、それを言っちゃあおしまいなんでしょうけど(笑)

「花嫁失踪事件」
む、これは感想が書きにくい(笑)
ホームズの推理もそれなりに堪能できるし、事件の真相もバレバレじゃなく、それなりに纏まってはいるものの、フレーバーが弱いので印象が薄いんですよねー。

「椈屋敷」
サスペンス風味が強くて結構ワクワク出来ましたが、オチがまた「娘の資産を手放したくない親が、娘を結婚させないようにする」パターンだったのでちょっとガッカリしました。
この短編集だけで三回目やん(´Д`;)
オチ以外は面白かったんだけどなぁ。

スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:5   trackback:0
[

thema:読書 - genre:小説・文学


ドラマ『ムー一族』
ドラマ『ムー一族』

ムー一族

一年ぐらい前からチビチビとレンタルで借りて見てきた『ムー一族』、やっと見終えました。
やー、長かった。
久世光彦さんの小説が好きで、その繋がりで見始めたのですが、色んな意味で面白かったです。

昔のテレビで定番だったホームドラマをベースに笑いやバラエティ要素を詰め込んだような作品で、ホームドラマのパロディって言ってもいいのかな?
私は、そのホームドラマというジャンル自体にあまり馴染みがないので、その辺断言が出来ませんが。

バラエティ番組の中に、ドラマのコーナーがあったりする事はありますけど、この番組はドラマという枠の中でバラエティをやっているような所がちょっと他に無い特徴なんじゃないでしょうか。
毎回、ドラマの最中に、歌のコーナーや視聴者からの手紙を紹介するコーナーが挟まったりするのは序の口で、月一回(終盤には数回連続で)生放送でドラマを放送したり、時には舞台の公開生放送だった回もあったりして、回を重ねる毎にエスカレートしていく内容が刺激的でした。

ただ、そういったイベント的要素のエスカレートと、(マンネリを嫌ってか)中盤以降のテコ入れの繰り返しの所為で、ドラマという枠組み自体が崩壊してしまっていたように感じたのは残念でした。

それから、今見ると古臭くて笑えない部分があるのも事実。
ベタ過ぎたり、“ブス”である事だけで笑いをとろうとしたり。

ま、そういった気になる部分はありますが、基本的には楽しい作品でした。
まず、キャストが良いですよね。
郷ひろみ、伊東四郎、渡辺美佐子、五十嵐めぐみ、清水健太郎、南美江、伴淳三郎、樹木希林、岸本加世子、由利徹、細川俊之、たこ八郎、左とん平、近田春夫……等々(敬称略)。
今見れば、すごい豪華キャスト。
……て、渡辺美佐子さんや五十嵐めぐみさん、南美江さん辺りは、このドラマを見るまで、お名前を存じ上げませんでしたが(=´▽`)ゞ
ウィキペディアで調べてみたら、渡辺美佐子さんなんか映画で何度も見てるはずなんだけどなぁ。

まず、郷ひろみさんが下ネタ連発している姿は、ちょっと驚きでした。
毎朝、寝言で「そういうところを触るなよ、ウヘヘ」といいながらニヤニヤしたり、これまたニヤニヤしながらトイレから出てきて、朝食の卓袱台を囲む家族に向かって「今日もデカイのがでましたよ。水がよけて通るんだから」など言いながらガハハと笑ったり。
昔のアイドルってかなり偶像視された存在だと思ってたので、「こういうのやっても許されるんだ」と良い意味で意外でした。

あと、伊東四郎さん、伴淳三郎さん、由利徹さん、左とん平さんあたりのベテランコメディアンが演じる喜劇も、安定した楽しさです。
個人的に、動いてる伴淳三郎さんを見るのは初めてだったので嬉しかったり。

あと毎回一番楽しみだったのが、細川俊之さんとたこ八郎さんのチンピラコンビ。
細川さんが、あのムーディーな出で立ちと美声で素っ頓狂な事をするのがホントに楽しくて。

ドラマパートを一人で支えてた感のある渡辺美佐子さんも良かったですね。
彼女の演技があって初めて、「ドラマの中のバラエティ」が成立していたのだと思います。
ただ、一番印象的だったのは、シリアスなシーンよりも、生放送の回で台本に無いドリフターズの乱入にめげずに演技を続けて、ドリフが去った後「あぁ、疲れた」と素の一言を漏らしたシーンだったりしますが"o(´▽`*)/♪

そんな感じで、一年掛けて見た『ムー一族』。
何だかんだ言いながらも、ラストの桃子の嫁入りのシーンでは感動したし、もうこの人達ともお別れかと思うと寂しくもありで。
この一年の間に、うらら婆さん役の南美江さんが亡くなられたり、健太郎がまた覚醒剤で逮捕されたりと、リアルの世界の出来事でも色々感慨深いものがありましたです。

Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[その他ドラマ

thema:ドラマ・映画 - genre:テレビ・ラジオ


ハートキャッチプリキュア! 第45話 「もうダメです…世界が砂漠になりました…」
ハートキャッチプリキュア! 第45話 「もうダメです…世界が砂漠になりました…」
つぼみ、もうすぐ妹か弟が出来るって時に、この展開は辛すぎるなぁ。
シプレを抱きしめて泣き崩れるシーンでは、見ててホント泣けてきた。゚(ノдヽ)゚。

以前プリキュアに助けられた人達が駆けつけるシーン。
さすがに、あんな至近距離で会ったら正体バレバレだと思うんだけどなぁ(o´ω`o)
特に、さつき兄さんともも姉あたりは、妹に気付かない方がオカシイ。

コッペ様、怖いよ(´Д`;)
スナッキーの頭をむんずと掴んだ時には、そのまま握りつぶしそうでヒヤヒヤした(゚□゚;)
チビッコ泣くぞ。

まるで最終回前みたいな引きで終わりましたが、次週クモ&コブ遂に退場ですね。
ああ、もう終わりなんだなぁ……。

Posted by スミレ
comment:2   trackback:2
[ハートキャッチプリキュア!

thema:ハートキャッチプリキュア! - genre:アニメ・コミック


仮面ライダーオーズ/OOO 第16話 「終末とグリードと新ライダー」
仮面ライダーオーズ/OOO 第16話 「終末とグリードと新ライダー」
計画的に仲間を陥れたカザリとは違い、短絡的にメズールを襲おうとしたウヴァ。
その頭の悪さがウヴァらしくて良いなぁ。

メズールとガメルが消えてしまいましたが、コアメダルがあるので、その内復活するんでしょうね。
ガメルとも、しばらくお別れかぁ。

仮面ライダーバース登場!……て、誰?!Σ( ̄ロ ̄lll)
体育会系のライダーって久しぶりですね。

ていうか、仮面ライダーって言っちゃったし。
取説見せて、自己紹介したヒーロー初めて見たよ(笑)
変身ベルト、ガチャポンみたいだo(*'▽'*)/☆

世界を救う力を手に入れるチャンスを棒に振っても、真木に尻尾は振れない。ってことかな、後藤さん。
いつか報われると良いなぁ。
……単に、最初から装着者は決まってただけなのかも知れませんが。
Posted by スミレ
comment:2   trackback:2
[仮面ライダーオーズ/OOO

thema:仮面ライダーオーズ - genre:テレビ・ラジオ


映画『トイ・ストーリー3』
映画『トイ・ストーリー3』

トイ・ストーリー3

なんていうか、この映画、見るのが怖かったんです。
このシリーズは、一作目も二作目もメチャクチャ大好きで、嫌いな作品の無いピクサー作品の中でも、ダントツに思い入れが強くて。
だから、10年ぶりに作られた続編が、前作までと同じように面白いか、同じように好きになれるか、すごい不安だったんですよね。
ピクサーなら失敗作は作らないだろうけど、イマイチだったらどうしようって。

でも、良かったです。
ピクサーは裏切りませんでした。
前作、前々作の様な爽快なお話じゃないけど、少し切なくて、それでいてこれ以上無いくらいのハッピーエンドで、ラストシーンではもう泣けて泣けて(ノД`)・゜・。
だめだ……書きながら思いだしたら、また泣けてきた。゚(ノдヽ)゚。

単にウッディやバズ達が冒険する物語だったら、作ろうと思えばいくらでも作れるだろうけど、そんな安易な続編にせず、このシリーズをウッディ達とアンディの物語として捉え、完結編として作ったのが素晴らしいと思います。
別れと旅立ちの物語であり、それは私たちファンにとっても彼らとのお別れなんだと思うと、また涙が……。゚(T^T)゚。

とは言え、切ないばかりじゃなくて、基本は面白くて楽しいピクサー作品なので、ご安心を。
人形達がホント可愛いんだ、これが。
レギュラーキャラ以外に、今回新登場のおもちゃ達が大量に登場して、どれも魅力的なキャラばかり。
一番切なかったのがビッグ・ベビーかな。
片目が壊れていて、半分まぶたが塞がったままなのが痛々しくて。
一番笑ったのは、ケン(笑)
いかにもいけ好かない奴って感じだったんだけど、意外と楽しい奴で良かったです。
マイケル・キートンが声アテてるんですよね(笑)

トトロが出演してるって聞いて、ほんの一瞬カメオ出演してるのかと思ってたら、結構長く映ってて意外でした。
台詞こそありませんでしたが、表情とかトトロらしくて、ヨカッタですね。



Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画感想 - genre:映画


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。