スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
訃報:野沢那智さん
今日はブログ書かずに寝るつもりだったのに、こんなニュースを見てしまっては……。

野沢那智さん死去…A・ドロン吹き替えで人気

ああ、遂にこの方まで……。
声優界の巨星がまた一つ消えてしまいました。
私の世代だと、アラン・ドロンなんかの映画をテレビで観る事はほとんど無かったのですが、それでもこの辺りの声優さんには、別格の存在感を感じますね。

個人的には、クリストファー・ウォーケンの吹替が絶品だったと思います。
あとは、『スターウォーズ』のC-3POとか。

……ああ、ホント寂しいなぁ……。
スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[ニュース

thema:訃報 - genre:ニュース


映画『カールじいさんの空飛ぶ家』
映画『カールじいさんの空飛ぶ家』

カールじいさんの空飛ぶ家

やっと見ました。
毎度毎度おんなじ事思いますが、ピクサー作品にハズレ無しです。
映像、シナリオ、演出、キャラクター、全てに隙が無いです。

主人公が老人ってのが、まずイイですね。
老人が活躍する話が好きな私的に好ポイントです。
あと犬がいっぱい出てくるのも、犬好きの私的にポイント高いです。
これがみんなバカっぽくて可愛いんだ、また。

過去に囚われていた主人公が、本当に大切な事を再発見する物語が、見事な語り口で描かれていて感動的です。
欠点と言う欠点は無いのですが、強いて言えば、他のピクサー作品に比べると少し地味な気はしました。
あと、日本人としては、どうしても風船おじさんを思い出してしまう所も……(´Д`;)


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画感想 - genre:映画


藤子・F・不二雄大全集『大長編ドラえもん 1巻』
藤子・F・不二雄大全集『大長編ドラえもん 1巻』

大長編ドラえもん01

藤子・F・不二雄大全集第2期、第二回配本分『大長編ドラえもん 1巻』の感想です。
収録作品は、『のび太の恐竜』『のび太の宇宙開拓史』『のび太の大魔境』の三作品。

まぁ、子供の頃から何度も読み返してきた作品なので、改めて感想っていうのも無いかなぁ……と思ってたのですが、とんでもない。
改めて一から読み直してみて、やっぱりワクワクするし、笑えるし、泣けるしで、名作は色褪せないと再確認した次第です。

男気溢れるジャイアン、いつになく勇気と正義感を見せつけるのび太、そして(大長編では)一番の憶病者で現実主義者のスネ夫が勇気を振り絞る姿。
大長編定番の展開に嬉しくなってきますね。
定番シーンと言えば、勿論しずちゃんのお風呂シーンも(笑)

あとまぁ、読んでて思ったのが、桃太郎印のきびだんごとヒラリマント最強。
この二つがあれば、大抵のピンチは切り抜けられますよね。


Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


ハートキャッチプリキュア! 第37話 「強くなります!試練はプリキュア対プリキュア!!」
ハートキャッチプリキュア! 第37話 「強くなります!試練はプリキュア対プリキュア!!」
冒頭から隕石落下、まさかの超展開にビックリ。
デザトリアンじゃない謎の巨人が登場して戦闘シーンになり、「物語冒頭の戦闘シーンは負けパターンだな」と思って見てると、勝っちゃったのでまたビックリ。
で、巨人を倒した後には、なんだかエヴァっぽい物体が。
強引といえば強引だけど、スゴイ引きだなぁ。

オープニングが、映画版宣伝バージョンに。
映画見たいけど、親子連れに交じって見るのも、年々ハードルが上がってくしなぁ(´Д`;)

えりか、スゴイわ。
負の自分をあそこまで認めてしまえるなんて。
それは、いつきもゆりも同じではあるのだけど。
なんて言うか、ずば抜けた迷いの無さは、さすがえりかだなぁと。

一方、影の自分に苦戦するブロッサムの姿に、「やっぱりかーorz」と脱力すると同時に、「つぼみだからしょうがないよなぁ」と心の中で応援してしまうんですよね。
えりかといつきの様にデザトリアン化されたり、ゆりの様にパートナーの妖精の死を経験したり、といった明確な通過儀礼という物が、つぼみには無いから、自身の負の心に対して簡単には割り切れないって事なんでしょうか。
でも、だからこそ、つぼみに共感出来るんだと思いますが。
良い所で次回に続いちゃったので、つぼみがどんな結論を出すのか楽しみです。
Posted by スミレ
comment:2   trackback:1
[ハートキャッチプリキュア!

thema:ハートキャッチプリキュア! - genre:アニメ・コミック


仮面ライダーオーズ/OOO 第8話 「サボリと無欲と休憩中」
仮面ライダーオーズ/OOO 第8話 「サボリと無欲と休憩中」
800年前に封印されたと聞いて、鎌倉時代というイメージでばかり考えていましたが……そうですよね、日本とは一言も言ってませんでしたよね。
そうか、十三世紀初頭のヨーロッパかぁ。
色々妄想の膨らむ時代設定ですねー。
中世ヨーロッパに串田アキラ(笑)

ライオンヘッドの特性が“光る”だけ、ってのがイイですね。
なんかバカっぽいけど、意外と強力かもしれませんねー。

普通の人間女子に腕を締め上げられるアンク萌え(*´Д`)=з
ま、普通と言うには、少しばかり力持ち気味ですが。
「負ける気しません」に笑いました。
アンク、舐められすぎ(笑)
Posted by スミレ
comment:2   trackback:2
[仮面ライダーオーズ/OOO

thema:仮面ライダーオーズ - genre:テレビ・ラジオ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。