スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』
映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』

MOVIE大戦2010

残すところ、あと四・五回しかないW本編の最終回前には見ておきたいと思ってたのですが、やっと見れました、MOVIE大戦2010。
テレビ版の続きを描く『仮面ライダーディケイド 完結編』と、翔太郎とフィリップの出会いと翔太郎の師匠・鳴海荘吉に纏る事件を描く『仮面ライダーW ビギンズナイト』、そしてディケイドとWの2つの物語が収束する『MOVIE大戦2010』の三つのエピソードで構成されています。

そんな訳で、まず『仮面ライダーディケイド 完結編』
完結編と言いながら、テレビ版の最終回から話が繋がってないし、相変わらずキャラの言動もムチャクチャだし、伏線も全く回収しないし、色々ヒドイです。
夏海が変身するとか、鳴滝さんがゾル大佐だったとか、ほんとヒドイ。

途中、紅渡が出てきて「ディケイドに物語は無い」と言った時は、そういう(ディケイドは作品と言うよりお祭りだから物語は無いですよ的な)メタなオチだったらアリかなぁと思ったんですが、そうはならずに結局また薄っぺらい友情だの信頼だのを唱える物語ごっこで終わったので、ほんとガッカリでした。

続いて始まった『仮面ライダーW ビギンズナイト』
打って変わって、とてもしっかりしたお話で面白かったです。
酷いディケイドの後だと、Wの脚本の誠実さが一層引き立ちますね。

いつもは犯罪者(ドーパント)に対して言う「お前の罪を数えろ」の台詞に、翔太郎とフィリップの二人が、自身の過去の過ちと向き合うと言う意味を重ねつつ、おやっさん=鳴海荘吉の死を乗り越えるという所に持っていくのが上手いですね。
帽子に込められた意味など、細かいところまで気配りが行き届いていて、安心して見ていられます。

鳴海荘吉役の吉川晃司さんも、さすが渋くて格好いいですね!
テレビ版の挿入歌“Nobody's Perfect”は、『~ビギンズナイト』で掛かる曲だと思い込んでましたが、違うんですね。
勘違いしてました。

そして、最後の『MOVIE大戦2010』
ディケイド完結編に、Wが合流するお話ですね。
お話と言っても、ほぼ戦闘シーンだけなんですけど。
ラストで、別の世界の仮面ライダースカル=鳴海荘吉が登場する所は良かったですねー。

スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:1
[仮面ライダーW

thema:仮面ライダーW - genre:テレビ・ラジオ


仮面ライダーW 第44話 「Oの連鎖 / シュラウドの告白」
仮面ライダーW 第44話 「Oの連鎖 / シュラウドの告白」
子供を老いさせられた親と竜とシュラウド。
三者を、復讐の連鎖というテーマでオーバーラップさせて、竜の心境の変化や探偵事務所の人々との絆を描き、そしてシュラウド自身の復讐の呪縛からの開放で締めるプロットが、相変わらず手堅く上手いなぁ。
でも、シュラウドみたいなキャラが改心しちゃうと、どうも死亡フラグに思えて、ちょっとハラハラした。

老人にされた子供って、それだけで痛々しくて悲しくなっちゃいますね。
一方、翔太郎の老人演技は見事すぎ(笑)。

竜と所長って、ほんとに出来ちゃったの?!
所長は、最後までコメディリリーフとして片思いし続けてくれると思ってたのに(´Д`。)


Posted by スミレ
comment:0   trackback:2
[仮面ライダーW

thema:仮面ライダーW - genre:テレビ・ラジオ


ハートキャッチプリキュア! 第24話 「こころの大樹の危機!プリキュア、飛びますっ!!」
ハートキャッチプリキュア! 第24話 「こころの大樹の危機!プリキュア、飛びますっ!!」
オープニングが変わるかとちょっと期待してましたが、同じで残念。
新バージョンは、来週からでしょうかねー。
25話だと、ちょうどキリが良いですしね。
エンディングも変わるんでしょうか?
期待でワクテカですよ(☆w☆)

シャイニータンバリンを使うサンシャインがまた可愛いなー。
こりゃ、チビッコ絶対欲しがるわ。
……と思ってたら、追い撃ちかけるようにタンバリン二度目の登場(笑)
バンダイさん、容赦ないなー(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
親御さんのこころの花がピンチですヨ!

マントを翻して空飛ぶシーンでは、当然「手と手、心と心、つないでみんなで飛ぼうよ♪」て歌が浮かんで、勝手にウルッと来ちゃった。
バカでスミマセン。

いつきと手をつないで顔赤らめるつぼみって、いつきにまだ気があるのでしょうか。
憧れの同性とかならよくあるけど、つぼみのアレは、どう見ても恋してる感じだもんなぁ。
女児向けアニメのヒロインがイイのか?!(←イイです)
無自覚にジゴロないつきもいつきだけど(笑)
てか、えりか、嫁とられるぞー!(´Д`;)

三人で変身してるのに、変身バンクがサンシャイン単独バージョンしか無いなんて、どう見てもサンシャインさんが主役です。本当にありがとうございました。
と言うか、次回こそは3人変身バンクを……o(*'▽'*)/☆

さつき兄さまカワイイなぁ……☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚☆


Posted by スミレ
comment:2   trackback:2
[ハートキャッチプリキュア!

thema:ハートキャッチプリキュア! - genre:アニメ・コミック


フリッツ・ライバー『死神と二剣士』
フリッツ・ライバー著 ファファード&グレイ・マウザー シリーズ2『死神と二剣士』読了。

ファファード&グレイ・マウザー2

一巻目はエピソードワン的な内容でしたが、この二巻目から本格的なシリーズ開幕と言う感じの内容で、シリーズの基礎をなす設定やバラエティに富んだお話が収められています。
個人的には、クトゥルー神話作品っぽい「沈める国」や、エキゾチックで痛快な「珍異の市」なんかが特に面白かったです。

一巻目の感想にも書きましたが、第一巻は大谷圭二訳、柳柊二画の旧バージョンで読み、この二巻は浅倉久志訳、末弥純画の新バージョンで読みました。
同じ巻を読み比べた訳ではないので、厳密な比較は出来ないのですが、翻訳に関しては、どちらも甲乙つけがたい出来だと思いました。

ただ、問題は絵なんですよねー。
旧版のおどろおどろしい感じとか良い意味での薄汚さは作品に合っていてすごく良いのですが、今見ると全体的に古臭く野暮ったい。
一方、新版の方はと言えば、洗練された感じだけど、逆に綺麗すぎて、作品のイメージとは合わないんですよ。
ファファードとマウザーも、こんなナヨっとした感じじゃ無いんだけどなー(´Д`;)


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[

thema:読書感想 - genre:本・雑誌


ジョゼフ・ギース/フランシス・ギース『中世ヨーロッパの城の生活』
ジョゼフ・ギース/フランシス・ギース『中世ヨーロッパの城の生活』読了。

中世ヨーロッパの城の生活

タイトルそのまんまの内容で、戦乱に明け暮れた中世ヨーロッパの城を中心にした当時の人々(主に貴族とその領民)の生活をしたためた一冊です。
当時の様々な資料を引用して、中世の人々の生活がリアルに感じられるのがイイですね。

私は、歴史(特に世界史)には疎いのですが、この本はとても興味深く読むことができました。
歴史の教科書が、こんな風に面白かったら、もっと歴史好きになってたんじゃないかと思えますねー。

RPGなどでお馴染みの“ダンジョン(迷宮)”と言う言葉が、元々は“地下牢”って意味だって事は知っていましたが、更に元を辿れば“城の主塔”って意味だった事を、この本で初めて知りました。
その辺りの経緯も、実例を交えて説明してくれるので、読んでて楽しいですね。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[

thema:読書感想 - genre:本・雑誌


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。