スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
映画『三銃士』
映画『三銃士』レンタルで見ました。

三銃士

何度も映画化されてる内の、リチャード・レスター監督作の1973年度版です。
前にも見た事あるんですが、この間読んだ原作を覚えてる内に見直したいと思って借りてきました。

やっぱ、面白いですよ、この映画。
原作に結構忠実だけど、全体的にコメディタッチでのほほんとした雰囲気が楽しいんですよ。
脚本も、端折る所は上手く端折ってあって、見事なアレンジだと思います。
原作のワルド伯の役割を、ロシュフォールに纏めちゃったのも、正解ですね。
人形劇の『新・三銃士』同様、銃士達の従者をプランシェひとりしか登場させなかったのは、ちょっと寂しい気もしますが、まぁ、仕方ないかな。

キャストもいいですね!
マイケル・ヨークのダルタニャンも、原作通りの若くて頑固なガスコン人って感じだし、三銃士達も原作のイメージとはちょっと違うけど、これはこれですごく魅力的です。
チャールトン・ヘストンのリシュリューも、悪役ながら懐の深さを感じさせる奥の深い人物に描かれていて、これも原作通り。
でも、ミレディー役のフェイ・ダナウェイだけは、ちょっとイマイチかな?って思いました。
フェイ・ダナウェイって、見るからに悪女っぽいから、悪女を演じると、そのまんまって感じで面白みが無いんですよね。


スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[映画

thema:映画 - genre:映画


ハートキャッチプリキュア! 第8話「カリスマモデルのため息!って、なぜですか?」
ハートキャッチプリキュア! 第8話「カリスマモデルのため息!って、なぜですか?」
もも姉のお友達(?)のえりさんって、キュアムーンライトって事でいいんですよね(笑)
苗字からして月影だし、「生徒会長は実は女性」並みにワザとバレバレにしてあるんでしょうねー。
ムーンライトがどんな人かとか、ダークプリキュアとの因縁とか、色々妄想したらワクワクしすぎて困った(*´Д`)=з
この番組って、ワクワクさせる伏線の張り方が上手すぎますね!

「男なら裸一貫で勝負じゃき」なクモジャキーさん。
この人、下着は絶対ふんどしだろーなー。
コブラージャさんは、間違いなくビキニパンツだなo(*'▽'*)/☆

ブロッサムとマリンの二人変身バンクの背中合わせで腕組んでグルグル廻るとこが、何度見てもワクワクします。
てか、カワイスギ♡

先にブロッサムに決め台詞言われちゃったから、また今回もマリンの決め台詞無しかと思ってたら、やっと言えましたね。
引っ張った割りには、普通でしたけど。
それより、ブロッサムの「その手は桑名の焼き蛤」にまんまと反応してしまいました。
つぼみって、おばあちゃんっこだから、あれっておばあちゃんがよく言ってたんでしょうねー。
もしかしたら、キュアフラワーの決め台詞だった可能性も(;′Д`)ノ
「桑名の焼き蛤」とか言う人は、「結構毛だらけ猫灰だらけ」とか「当たり前田のクラッカー」とか言ってる可能性も高そうです。


Posted by スミレ
comment:2   trackback:1
[ハートキャッチプリキュア!

thema:ハートキャッチプリキュア! - genre:アニメ・コミック


仮面ライダーW 第28話 「Dが見ていた / 決死のツインマキシマム」
仮面ライダーW 第28話 「Dが見ていた / 決死のツインマキシマム」
翔太郎の命を懸けた攻撃も、その後に出てきたテラーさんで全部吹っ飛びました。
「見て判らんかね。お茶の誘いだよ」て、ちょっと役者が違いすぎますね!
テラーさんカッコよすぎ!!

さらに、自分の身を犠牲にしても、風都の全ての人々の事を心配する翔太郎の、ハーフボイルドここに極まれりな心意気にグッときて、そんな翔太郎の捨て身の行動にも復讐心を捨てない照井。そして、そんな照井に(珍しく)キレるフィリップ!
冒頭から、何このボルテージの高さ?!
ちょっと面白すぎるんですけど。

ガウンのサイズが違うとか、たまらんなぁ、このシナリオ(*´Д`)=з
霧彦さんを実験台としか思ってなかった冴子姐さんが、井坂先生には本気で惚れて、でも井坂先生は多分姐さんの事なんかこれっぽっちも愛してないとか、何なのこの切ない話。
「それにしても、腹が減ったなぁ」だもんなー。

電撃で一度心臓を止めて、また電撃で甦らせるってネタ、デカレンでもやりましたよね、塚田P?(笑)
ま、これだけ面白かったら、全く文句はありませんけど。

シュラウドって、フィリップのお母さんなんでしょうかねー。
ホント面白いなー。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:1
[仮面ライダーW

thema:仮面ライダーW(ダブル) - genre:テレビ・ラジオ


天装戦隊ゴセイジャー epic7「大地を護れ!」
天装戦隊ゴセイジャー epic7「大地を護れ!」
あのお爺さん、冷静に考えたら、あぶない人ですよねー。
女性を景品にするとか、それって教育上どうなんだろ?
自分で言ってるエリもエリだし。

この話ぐらいが、ゴセイのアベレージなのかなぁ。
シンケンジャーでこの話があったら勘弁して欲しいって思うだろうけど、ゴセイだとこれで普通に思えてしまいますねー。


Posted by スミレ
comment:2   trackback:2
[天装戦隊ゴセイジャー

thema:天装戦隊ゴセイジャー - genre:テレビ・ラジオ


漫画:『パーマン 6』
藤子・F・不二雄大全集『パーマン 6巻』

パーマン06

藤子・F・不二雄大全集第九回配本分、『オバケのQ太郎 5巻』『パーマン 6巻』『ドラえもん 6巻』届きました。
まずは、『パーマン 6巻』から。

この巻では、「小学一年生」「幼稚園」「よいこ」「めばえ」といった幼年誌に掲載された作品が収録されています。
幼年誌らしく無邪気で単純なお話ばかりなのですが、その分かりやすいお話の中に起承転結とひとひねりがしっかり盛り込んであって、藤子F先生のストーリーテリングの上手さとサービス精神が際立ちますねー。

この巻を読んでいて、以前「藤子・F・不二雄の世界」と言う本の中で、あだち充先生が「長いあいだ、漫画界の入口で、やさしく子供達を出迎えていた藤子・F・不二雄先生。多くの子供たちが、まず最初に藤子・F・不二雄先生の作品に出会う。それは、とてもステキな事で(後略)」と書かれていたのを思い出しました。
私も、藤子F先生に出迎えていただいた一人で、それってホントにステキな事だなぁって思いますね。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。