スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
天装戦隊ゴセイジャー epic3「ランディックパワー、分裂」
天装戦隊ゴセイジャー epic3「ランディックパワー、分裂」

「護星天使って、普段何やってるの?」って望の質問で、やっと護星天使や護星界の設定が掘り下げられるかと思ったら、真面目に答える気無いのね、スカイックの二人……というより、作り手が。

逆に、まともに答えさせる気が無いなら、何で「普段何やってるの?」なんて台詞を言わせたんだろ?
「細かい設定なんて、どうでもイイじゃん」という、作り手側のメッセージとか?
それとも単に、「スカイック族はアホです」という描写なのかも。

エリの「なんとかなる」って台詞、根拠が無さすぎて、安心するよりむしろ不安になってきます(;′Д`)ノ

次週予告……。
ああ、マスコットキャラまで登場ですか……。
それも、ゲーム流行らせる気満々のやっちゃったデザイン……。
大きいお友達はこの番組見なくてイイよ。って事なんでしょうか……。


スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:2   trackback:1
[天装戦隊ゴセイジャー

thema:天装戦隊ゴセイジャー - genre:テレビ・ラジオ


漫画:『海の王子 2』
藤子・F・不二雄大全集『海の王子 2巻』

海の王子2

藤子・F・不二雄大全集第8回配本分の『海の王子 2巻』読了。
当時の漫画らしい素朴な感じが、今見ると逆に新鮮です。

基本、(宇宙人や海底人、異次元人やロボット等々)次々登場する敵と、万能戦闘機はやぶさ号に乗った海の王子が戦う。ってお話なのですが、ワンパターンにならないようにいろいろ工夫がしてあるし、中には、脱獄囚に乗っ取られたはやぶさ号が暴走を始める「はやぶさ号を撃墜せよ」なんてパニックサスペンス風の作品とかもあって楽しいです。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


漫画:『エスパー魔美 3』
藤子・F・不二雄大全集『エスパー魔美 3巻』

エスパー魔美3

藤子・F・不二雄大全集第八回配本分の『エスパー魔美 3巻』『海の王子 2巻』の二冊が届きました。
まずは、『エスパー魔美 3巻』から。
既読の作品ばかりですが、名作は何度読んでも良いものです。

この巻では「ヤミに光る目」「雪の降る街を」「大予言者あらわる」「高畑くんの災難」「人形が泣いた?」「エスパー危機一髪」「地下道おじさん」「名犬ポンポコポン」「凶銃ムラマサ」「オロチが夜くる」「学園暗黒地帯(前編)(後編)」「恋人コレクター」「サマー・ドッグ」の14話を収録。
うーん、魔美にはハズレの話が無いんですよねー。
どれも傑作。
その中でも、ロマンティックな「雪の降る街を」、やるせない「サマー・ドッグ」は特に好きですね。

魔美の純粋さ、健気さに、読んでいて胸が熱くなってきます。
ときにはそれが報われなかったり、踏みにじられそうになったりするんだけど、だからこそ彼女の純粋さの価値があるんだと思います。
また、頭が良くて現実的な高畑さんが、そんな彼女の純粋さを肯定しているのが良いんですよね。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[藤子・F・不二雄大全集

thema:藤子・F・不二雄大全集 - genre:アニメ・コミック


NHK人形劇『新・三銃士』第27話
NHK人形劇『新・三銃士』第27話「三銃士との決別」
今度はミレディーかぁ……。
物語的に、一度とことんまでダルを落とすつもりなんでしょうか。
しばらくは、バカダルにつき合わなきゃいけないみたいですねー。
ダル、早く目を覚ませー。

コクナールさんの存在感が、ここに来て急上昇。
この波乱の展開の中で、彼女の存在はオアシスのようですねー。

コンスタンスって、実はミレディー以上の悪女のように思えてきた。
天然が一番怖いんですよねー……(´Д`;)

【今週のプランシェ語録】
「合点承知」
「行っちゃダメだ、ダルタニアーン!」
……て、完全に人語喋ってましたよね。


Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』
映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』DVDで見ました。

シンケンジャー銀幕版

多分みんな思う事だろうけど、倍の長さがあったら……せめて後10分長ければ、結構満足出来る作品になったんじゃないかと。
それでも、短い時間の中で纏まっていて悪くは無かったと思いますよ。
そのあたりさすが靖子ニャンです。

最終幕まで見た今見ると、みんなの顔がちょっと初々しく感じますね。
特に源ちゃんは、シンケンジャーに参加してすぐの頃だから、他の5人以上に初々しくて。
表情や発声が今とは全然違ってて、改めて「源ちゃん(の中の人)成長したんだなぁ」と感慨深いですね。

流とことはに「少しズレてる」という殿様も殿様だけど、「流さんには敵わへんけど」ということはもヒドイですよね。
それ聞いてなんか嬉しそうな流も流だけど。

初代のレッドが丈瑠に呼びかける時に「未来のシンケンレッド」って言ってるんですよね。
「我が子孫」ではなくてね。
うーん。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー

thema:侍戦隊シンケンジャー - genre:テレビ・ラジオ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。