スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
ドラマ『ムー一族』
ドラマ『ムー一族』

ムー一族

一年ぐらい前からチビチビとレンタルで借りて見てきた『ムー一族』、やっと見終えました。
やー、長かった。
久世光彦さんの小説が好きで、その繋がりで見始めたのですが、色んな意味で面白かったです。

昔のテレビで定番だったホームドラマをベースに笑いやバラエティ要素を詰め込んだような作品で、ホームドラマのパロディって言ってもいいのかな?
私は、そのホームドラマというジャンル自体にあまり馴染みがないので、その辺断言が出来ませんが。

バラエティ番組の中に、ドラマのコーナーがあったりする事はありますけど、この番組はドラマという枠の中でバラエティをやっているような所がちょっと他に無い特徴なんじゃないでしょうか。
毎回、ドラマの最中に、歌のコーナーや視聴者からの手紙を紹介するコーナーが挟まったりするのは序の口で、月一回(終盤には数回連続で)生放送でドラマを放送したり、時には舞台の公開生放送だった回もあったりして、回を重ねる毎にエスカレートしていく内容が刺激的でした。

ただ、そういったイベント的要素のエスカレートと、(マンネリを嫌ってか)中盤以降のテコ入れの繰り返しの所為で、ドラマという枠組み自体が崩壊してしまっていたように感じたのは残念でした。

それから、今見ると古臭くて笑えない部分があるのも事実。
ベタ過ぎたり、“ブス”である事だけで笑いをとろうとしたり。

ま、そういった気になる部分はありますが、基本的には楽しい作品でした。
まず、キャストが良いですよね。
郷ひろみ、伊東四郎、渡辺美佐子、五十嵐めぐみ、清水健太郎、南美江、伴淳三郎、樹木希林、岸本加世子、由利徹、細川俊之、たこ八郎、左とん平、近田春夫……等々(敬称略)。
今見れば、すごい豪華キャスト。
……て、渡辺美佐子さんや五十嵐めぐみさん、南美江さん辺りは、このドラマを見るまで、お名前を存じ上げませんでしたが(=´▽`)ゞ
ウィキペディアで調べてみたら、渡辺美佐子さんなんか映画で何度も見てるはずなんだけどなぁ。

まず、郷ひろみさんが下ネタ連発している姿は、ちょっと驚きでした。
毎朝、寝言で「そういうところを触るなよ、ウヘヘ」といいながらニヤニヤしたり、これまたニヤニヤしながらトイレから出てきて、朝食の卓袱台を囲む家族に向かって「今日もデカイのがでましたよ。水がよけて通るんだから」など言いながらガハハと笑ったり。
昔のアイドルってかなり偶像視された存在だと思ってたので、「こういうのやっても許されるんだ」と良い意味で意外でした。

あと、伊東四郎さん、伴淳三郎さん、由利徹さん、左とん平さんあたりのベテランコメディアンが演じる喜劇も、安定した楽しさです。
個人的に、動いてる伴淳三郎さんを見るのは初めてだったので嬉しかったり。

あと毎回一番楽しみだったのが、細川俊之さんとたこ八郎さんのチンピラコンビ。
細川さんが、あのムーディーな出で立ちと美声で素っ頓狂な事をするのがホントに楽しくて。

ドラマパートを一人で支えてた感のある渡辺美佐子さんも良かったですね。
彼女の演技があって初めて、「ドラマの中のバラエティ」が成立していたのだと思います。
ただ、一番印象的だったのは、シリアスなシーンよりも、生放送の回で台本に無いドリフターズの乱入にめげずに演技を続けて、ドリフが去った後「あぁ、疲れた」と素の一言を漏らしたシーンだったりしますが"o(´▽`*)/♪

そんな感じで、一年掛けて見た『ムー一族』。
何だかんだ言いながらも、ラストの桃子の嫁入りのシーンでは感動したし、もうこの人達ともお別れかと思うと寂しくもありで。
この一年の間に、うらら婆さん役の南美江さんが亡くなられたり、健太郎がまた覚醒剤で逮捕されたりと、リアルの世界の出来事でも色々感慨深いものがありましたです。

スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[その他ドラマ

thema:ドラマ・映画 - genre:テレビ・ラジオ


NHK人形劇『新・三銃士』第40話 「銃士隊長ダルタニアン」
NHK人形劇『新・三銃士』第40話 「銃士隊長ダルタニアン」
はい、終わっちゃいました。
まずは、細かいところから。

陛下、最後までいい人すぎますね。
アンヌ・ドートリッシュときたら、陛下が亡くなられてからは、マザランなんかとくっついちゃうような女なんだから……とか思ってたら、王様生きてる内から別の男に浮気なんて、ちょっと酷すぎ(´Д`。)
ジュールて誰よ(笑)

マンステールさんの素顔、意外と男前だ!w(゜o゜*)w!
ていうか、登場人物の中で一番男前じゃ……。
良い人だし、苦労人ぽくて、好感度かなり高いですよ。
愛妻家で、子供は三人と見た。

厩番になっちゃったリシュリューさん。
干し草まみれになってる姿は、ピータンみたいでした。

いや、プランシェとケティ……赤ちゃんとかムリだから(´Д`;)

で、『新・三銃士』総評。
ま、総評と言えるほど、分析できている訳ではないのですが……。

前半はとても楽しく見れたのですが、後半はあまり乗れなかったのが、正直な感想です。
後半乗れなかった理由は、主人公ダルタニアンの迷走と鬱展開の意図を図りかねた為だと思います。
図りかねたと言うか、今でも正直分からない状態なのですが。

それに加えて、17世紀を舞台にした物語にしては、その反戦メッセージがあまりに現代的すぎるように感じた事も理由の一つだと思います。
時代が違えば、死生観が違うのは当然だろうし、それもまたコスチュームプレイの魅力だと思うんですよね。
そうした中に、現代的な考えを持つキャラクターが一人混じっているのだったら構わないけど、作品全体として現代的な反戦メッセージをアピールされると、「だったら、最初から“三銃士”なんて原作を使わない方が良かったのでは?」と思えてしまいます。

……と、まあ、不満点を論ってみましたが、それでも毎週最後まで見続けられたのだから、全体的なクオリティは高かったのだと思います。
人形の造形、操演、美術、声優さんの演技、どれも素晴らしかったし、脚本も上記の点以外は、楽しめましたし。



Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


NHK人形劇『新・三銃士』第39話
NHK人形劇『新・三銃士』第39話「最後の戦い」
サブタイトルの“最後の戦い”って言葉。
物語のウェイト的には、ダルとロシュの剣戟シーンの事なんだろうけど、まだ次回もクライマックスが残ってるだろうと考えると“最後”って訳でも無いし……と考えてみて、これはロシュフォールにとっての“最後の戦い”なんだろうと思い当たりました。
息子の成長を目の当たりにして、自分の役目が終わった事を悟り、枢機卿と決別して、姿を消す。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ――ですね。
……でも、ロシュの出番があれで終わりって感じもしないんですけどね。

いくら国王陛下の計らいでも、ミレディーの身柄をパリに移すなんて、緊張関係の英仏間でそんなに上手くいくのかなぁ?
それは良いとしても、それで本当にミレディーを救出できてしまったら、更に英仏関係が悪化するんじゃなかろうか。
ま、それも良いとしても、ミレディー救出大作戦が最終回のクライマックスってのもなぁ……(´Д`;)

ラストは、枢機卿の赦免状で丸く収まる感じかなー。
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


NHK人形劇『新・三銃士』第38話
NHK人形劇『新・三銃士』第38話「トレヴィルの遺言」
バッキンガム公爵に続いて、今週はトレヴィル隊長が瀕死状態に。
その上、ミレディーが捕らえられ、ボナシューは鳩でドーヴァー越え(笑)。

ベルトランとロシュフォールの秘密ってなんでしょうね?
何か曰くありそうな感じはありましたけどねー。

残りあと二回ですが、どうなるんでしょ?
片づけないといけない要素が結構残ってると思うんですけど、どうなることやら。
Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


NHK人形劇『新・三銃士』第37話
NHK人形劇『新・三銃士』第37話「決断のとき」
コンスは、ダルが一番変わったと言うけど……変わったかなぁ(´Д`;)

それはさておき、とうとうバッキンガム公爵がお亡くなりになられましたね。
ミレディーの暗殺道具で死んだにせよ、直接的には、バッキン自身の不注意も手伝った事故と言う形で。
これは、ミレディーの生存フラグなのか、それともミレディーが死ぬ時に、視聴者が同情できる余地を残しておいた。って事なのでしょうか。

ポルトスさんを見舞いに、お姉さん達に混じって、酒場のボーイさんまで来てたのには、ちょっと泣けてきました。
公式サイトの登場人物一覧にも載ってないけど、この人も立派なレギュラーですよねー。

介護疲れのコクナールさんの姿は、あまりに生々しくて、見てて辛かったです。
でも、遂にポルトスさん復活!
頬に落ちた涙が切っ掛けなんて、ベタすぎるけど、ま、良かったかな。
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[新・三銃士

thema:連続人形活劇 新・三銃士 - genre:テレビ・ラジオ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。