スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版
侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版

侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版

『侍戦隊シンケンジャー』の第一幕・第二幕に、テレビ放映時カットされたシーンを追加して再編集した特別編。
特撮ヒーロー作品のテレビ版一話二話の再編集版が出るのは、『仮面ライダークウガ』以来じゃないでしょうか。
それだけ盛り上がってたって事ですよねー。

第一話冒頭の殿のチャンバラシーンを始め、アクションシーンはどれも尺が長くなっていて、見応えがあります。
あとドラマパートの細かく追加されたシーンも、切るには惜しいシーン・カットばかりで、興味深いです。
……ただ、正直な所、放映版とどちらが良かったかと言えば、格段にテンポの良い放映版に軍配が上がるかと。
ま、先に見た方に馴染んでしまっているせいもあるのでしょうけど。

映像特典の、スーツアクターさんの座談会がなかなか楽しかったです。
皆さん個性的な方ばかりですね(笑)。
殿レッドの中の方が、姫レッドが活躍するシーンでは、ナナシの中に入ってたそうで、(自分がシンケンジャーの側にいない事が)寂しかった。と言うような事を仰ってたのが、一番面白かったですo(*'▽'*)/☆


スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー

thema:侍戦隊シンケンジャー - genre:テレビ・ラジオ


帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕
Vシネマ『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕』

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー

やっとレンタル出来ました、「帰ってきた侍戦隊シンケンジャー」。
番組終了後の単独オリジナルビデオとしてはシリーズ初。
まぁ、あれだけ盛り上がったシンケンジャーだから、当然と言えば当然ですね。
東映さん的にも、「まだ商売になる」と踏んだんでしょうねー。

そんな感じの『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕』ですが、予告なんか見てますと、“時代劇や西部劇で七変化”な内容ぽくて、「たわい無いファンサービス的な内容みたいから、あまり期待しない方が良いかも」とか思ってたわけです。
それでも、小林靖子さんだから、ただのファンサービスに終わらない面白い作品に仕上がってるかも知れないと、多少の期待もあったりしたのですが……。

やっぱり、たわい無いファンサービス作品でした(ノД`)・゜・。
(とは言え、それでもちゃんと纏まったお話になってるのはさすがなんですけど)
個人的には、というかファン心理的には、あの最終回の「その後」が見たかったのですが、侍達が再び集結する描写も無いし、最終回以前の本編のどこかに入るお話って扱いなんでしょうねー。
ま、あれだけキッチリ完結した作品の続きを安易に作りたくない、という判断だとしたら、それはとても理解出来るのですが。

で、本編よりも印象深かったのがメイキングだったり。
いや、むしろメイキングの方が本編と言いたいくらい。
本当に最後のシンケンジャーの撮影と言うことで、撮影がアップした直後の役者さん達のコメントが感慨深いです。
6人の中では、(千明役の)勝吾くんが一番泣いてたような(●´∀`●)
意外と(ことは役の)すうちゃんは一番サバサバした感じでした。
アイドル稼業で鍛えられてるんだろうなー。

でも、一番良かったのが(丈瑠役の)桃李くんのコメント。

「ゴセイジャーと絡むことがあれば、ギッタンギッタンにしてやります」

……一番ワロタ(☆w☆)
殿!ギッタンギッタンにしてやってください!!
期待してます!!(笑)


Posted by スミレ
comment:4   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー
映画『侍戦隊シンケンジャーvsゴーオンジャー 銀幕BANG!!』
映画『侍戦隊シンケンジャーvsゴーオンジャー 銀幕BANG!!』レンタルで見ました。

シンケンvsゴーオン

評判良かったので、ほんとは劇場で観たかったのですが、諸般の事情で結局行けず。
やっとレンタルで見たのですが、前評判に違わぬ面白さ!
やっぱ、小林靖子脚本はイイですねー。

とりあえず、初っぱなから、シンケンメンバーの姿を見ただけでなんか目から汗が……( ´Д⊂ヽ
失った物の大きさを、改めて感じてしまいますねー。
殿の殺陣とか、いちいち格好良すぎます。

ゴーオンジャーは、実は放映当時、第一話を見たきりで切っちゃったんですが(笑)、この映画が楽しかったので、ちょっと見直したくなりました。
ノリの良すぎる走輔を、心底鬱陶しそうに見る殿に爆笑。
この正反対の二人の対比が上手く描かれている上に、物語がこの二人に絞り込まれているので、すごく纏まりが良いんですよね!
他のメンバーも出番は少ないけど、それぞれの見せ場はちゃんと押さえてあってイイですよ。

そんな感じで、満足感に浸ってるところに、空気を読まずゴセイジャー登場(;′Д`)ノ
いくらお披露目補正とは言え、ゴセイジャー五人で、アクマロと太夫と十臓さんを追いつめるとか、無い無い、あり得ない。
というか、出てくんな(゜д゜メ)ゴルァ

噂のエンディングも可愛すぎてスバラシイ!
「帰ってきたシンケンジャー」早く見たいなー。

来年は「ゴセイジャーvsシンケンジャー」やるんでしょうかねー?
シンケンジャーがまた見れるなら、それは嬉しいけど、格が違いすぎて勝負になんないよー。


Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー

thema:侍戦隊シンケンジャー - genre:テレビ・ラジオ


映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』
映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』DVDで見ました。

シンケンジャー銀幕版

多分みんな思う事だろうけど、倍の長さがあったら……せめて後10分長ければ、結構満足出来る作品になったんじゃないかと。
それでも、短い時間の中で纏まっていて悪くは無かったと思いますよ。
そのあたりさすが靖子ニャンです。

最終幕まで見た今見ると、みんなの顔がちょっと初々しく感じますね。
特に源ちゃんは、シンケンジャーに参加してすぐの頃だから、他の5人以上に初々しくて。
表情や発声が今とは全然違ってて、改めて「源ちゃん(の中の人)成長したんだなぁ」と感慨深いですね。

流とことはに「少しズレてる」という殿様も殿様だけど、「流さんには敵わへんけど」ということはもヒドイですよね。
それ聞いてなんか嬉しそうな流も流だけど。

初代のレッドが丈瑠に呼びかける時に「未来のシンケンレッド」って言ってるんですよね。
「我が子孫」ではなくてね。
うーん。


Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー

thema:侍戦隊シンケンジャー - genre:テレビ・ラジオ


侍戦隊シンケンジャー最終幕「侍戦隊永遠」
侍戦隊シンケンジャー最終幕「侍戦隊永遠」
このオープニングを見るのも、これが最後かと思うと、それだけで目が潤んできます。
まさに力尽く、真っ向勝負の最終回で、殿や侍達、源ちゃんやダイゴヨウ、爺、姫、黒子の皆さんは勿論、丹波さんまで想いを一つにしての最終決戦に、涙が止まりませんでした。

あと、良いなぁ、上手いなぁと思ったのが、第一幕と第二幕と対になるように、いくつか同じ台詞が使われていて、例えば、ドウコクの攻撃に倒れた侍達に、殿が「お前達、立てるよな」と呼びかけるシーン。
第二幕では、まだ丈瑠ほどの覚悟ができていなかった流ノ介達が、初めて侍として腹をくくる重要なシーンでの台詞なのですが、それから一年経った今回、同じシチュエーションを持ってくる事で、彼らの覚悟や絆、侍としての成長が見事に浮彫りになっていたと思います。

他にも、第一幕で流パパが流ノ介に「武運を」と言って見送るのですが、この言葉って、短い言葉だけど、相手への信頼と、心からの気遣いが込められた言葉だと思うんですよ。
それを今回、あの丹波さんが殿に言うもんだから、もう泣けて泣けて。

シタリ、生き残っちゃいましたね。
『ゴセイジャーvsシンケンジャー』で登場するのかな?

闘い終わって、迎えにきた爺と会った時の殿の笑顔と言ったら!
あんなに屈託無く笑う殿初めて見た……というか、この時のために取っておいたのでしょうねー。
ホントに良かったなぁと思える素晴らしい笑顔でした。

気持ちのいいラストで良かったですね。
一年間良い物見せていただいて、ありがとうございました。って感じですよ。



Posted by スミレ
comment:2   trackback:1
[侍戦隊シンケンジャー

thema:侍戦隊シンケンジャー - genre:テレビ・ラジオ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。