スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by スミレ
 
[スポンサー広告
ドラマ『ムー一族』
ドラマ『ムー一族』

ムー一族

一年ぐらい前からチビチビとレンタルで借りて見てきた『ムー一族』、やっと見終えました。
やー、長かった。
久世光彦さんの小説が好きで、その繋がりで見始めたのですが、色んな意味で面白かったです。

昔のテレビで定番だったホームドラマをベースに笑いやバラエティ要素を詰め込んだような作品で、ホームドラマのパロディって言ってもいいのかな?
私は、そのホームドラマというジャンル自体にあまり馴染みがないので、その辺断言が出来ませんが。

バラエティ番組の中に、ドラマのコーナーがあったりする事はありますけど、この番組はドラマという枠の中でバラエティをやっているような所がちょっと他に無い特徴なんじゃないでしょうか。
毎回、ドラマの最中に、歌のコーナーや視聴者からの手紙を紹介するコーナーが挟まったりするのは序の口で、月一回(終盤には数回連続で)生放送でドラマを放送したり、時には舞台の公開生放送だった回もあったりして、回を重ねる毎にエスカレートしていく内容が刺激的でした。

ただ、そういったイベント的要素のエスカレートと、(マンネリを嫌ってか)中盤以降のテコ入れの繰り返しの所為で、ドラマという枠組み自体が崩壊してしまっていたように感じたのは残念でした。

それから、今見ると古臭くて笑えない部分があるのも事実。
ベタ過ぎたり、“ブス”である事だけで笑いをとろうとしたり。

ま、そういった気になる部分はありますが、基本的には楽しい作品でした。
まず、キャストが良いですよね。
郷ひろみ、伊東四郎、渡辺美佐子、五十嵐めぐみ、清水健太郎、南美江、伴淳三郎、樹木希林、岸本加世子、由利徹、細川俊之、たこ八郎、左とん平、近田春夫……等々(敬称略)。
今見れば、すごい豪華キャスト。
……て、渡辺美佐子さんや五十嵐めぐみさん、南美江さん辺りは、このドラマを見るまで、お名前を存じ上げませんでしたが(=´▽`)ゞ
ウィキペディアで調べてみたら、渡辺美佐子さんなんか映画で何度も見てるはずなんだけどなぁ。

まず、郷ひろみさんが下ネタ連発している姿は、ちょっと驚きでした。
毎朝、寝言で「そういうところを触るなよ、ウヘヘ」といいながらニヤニヤしたり、これまたニヤニヤしながらトイレから出てきて、朝食の卓袱台を囲む家族に向かって「今日もデカイのがでましたよ。水がよけて通るんだから」など言いながらガハハと笑ったり。
昔のアイドルってかなり偶像視された存在だと思ってたので、「こういうのやっても許されるんだ」と良い意味で意外でした。

あと、伊東四郎さん、伴淳三郎さん、由利徹さん、左とん平さんあたりのベテランコメディアンが演じる喜劇も、安定した楽しさです。
個人的に、動いてる伴淳三郎さんを見るのは初めてだったので嬉しかったり。

あと毎回一番楽しみだったのが、細川俊之さんとたこ八郎さんのチンピラコンビ。
細川さんが、あのムーディーな出で立ちと美声で素っ頓狂な事をするのがホントに楽しくて。

ドラマパートを一人で支えてた感のある渡辺美佐子さんも良かったですね。
彼女の演技があって初めて、「ドラマの中のバラエティ」が成立していたのだと思います。
ただ、一番印象的だったのは、シリアスなシーンよりも、生放送の回で台本に無いドリフターズの乱入にめげずに演技を続けて、ドリフが去った後「あぁ、疲れた」と素の一言を漏らしたシーンだったりしますが"o(´▽`*)/♪

そんな感じで、一年掛けて見た『ムー一族』。
何だかんだ言いながらも、ラストの桃子の嫁入りのシーンでは感動したし、もうこの人達ともお別れかと思うと寂しくもありで。
この一年の間に、うらら婆さん役の南美江さんが亡くなられたり、健太郎がまた覚醒剤で逮捕されたりと、リアルの世界の出来事でも色々感慨深いものがありましたです。

スポンサーサイト
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[その他ドラマ

thema:ドラマ・映画 - genre:テレビ・ラジオ


『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.4&5』
ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.4&5

サラコナ1-4 サラコナ1-5

4巻と5巻、話数にして7.8.9話を鑑賞。
9話がシーズン1の最終回になっていて、とりあえずの物語的な山場があるかと思えば、全然いつも通りだし、話も全然まとめる気が無く「つづく」で終了。

うーん、アメリカのテレビドラマは、次のシーズンが作られるかどうかは前のシーズンが終わる時点では決まってない事が多くて、人気があれば次のシーズンが作られるし、人気がなければ打ち切りという感じらしく、その為まともに物語が完結して終わる事自体あまりないって話は知っていたけど……。
むしろここまでまとめる気が無いのは、次のシリーズが製作される事が決まってたからなのでしょうか。
せめてシーズンの終わりには、それなりの山場が用意されてるかと思ってたので、ちょっと肩透かしです。

全体的な感想としても、パイロット版(1、2話)がスゴク面白かっただけに、かなり期待したのですが、その後、パイロット版以上の盛り上がりがないままズルズル続いた感がありますねー。
所々で良いシーンもあったのですが、ファーストシーズンを見終わった感想としては、ちょっと期待ほどじゃなかった感じです。

もうちょっと一話完結風味が強い作りの方が面白かったんじゃないかと思いますが、それは好みの問題なので仕方ないとして、一番の問題点はキャラクターの個性が弱い事なんじゃないかと思います。
ジョンやサラ、エリソン捜査官と言った主要人物の個性が弱く、女アンドロイドのキャメロンでさえ、「人間的な感情が理解出来ないアンドロイドキャラ」の雛形以上の個性が感じられず、勿体無く感じました。
悪くはないのですが、全体的になんか物足りない感じですねー。

自殺娘のエピソードって、結局あの後フォローされないままでしたね。
セカンドシーズンでフォローされるんでしょうか。
でもセカンドシーズンでもこんな感じで話が全然終わらないままなのかと思うと、ちょっと見る気が萎んでしまいますね。
うーん。
Posted by スミレ
comment:0   trackback:1
[その他ドラマ

thema:海外ドラマ(欧米) - genre:テレビ・ラジオ


『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.3』
『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.3』

サラコナ1-3

vol.3には、5話と6話が収録。
紹介編だった3話4話と比べると、また面白くなってきた感じです。

ただ、複数のエピソードが並行して描かれ、伏線を沢山作っては多くが未回収のまま物語が進むので、観賞後のスッキリ感はあまり無いんですよね。
学校での自殺娘のエピソードなんか、どう本筋に関わってくるのかちょっと想像出来ませんデス。
そんな長編の途中といった感じなので、感想も書きにくいです(笑)



Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[その他ドラマ

thema:海外ドラマ(欧米) - genre:テレビ・ラジオ


『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.2』
『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.2』

サラコナ1-2

ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉の3話と4話を鑑賞。
相変わらず面白いけど、1話と2話に比べると、ちょっとトーンダウン気味かな。
1話と2話はパイロット版として面白い要素を詰め込んであり、物語も練られているのに比べて、3話と4話はシリーズの導入部として地味な物語になっちゃってるという差があるから仕方がないのだろうけど。

女ターミネーターのキャメロンって、1話でジョンに近づいた時はすごく自然に人間の振りが出来てたのに、何かメチャメチャ下手になってますね。
ジョンに近づいた時の演技は、あらかじめプログラムされてたって事なんでしょうね。

もうちょっと一話完結的な話になるかと思ってたんですが、思ったより長編風味が強いですね。
それはそれでいいんですけど、たまには一話で終わってスッキリする話なんかがあっても良いなぁとか思ったり。
Posted by スミレ
comment:0   trackback:0
[その他ドラマ

thema:海外ドラマ(欧米) - genre:テレビ・ラジオ


『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.1』
『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉vol.1』見ました。

サラコナ1-1

映画『ターミネーター2』のその後を描くテレビシリーズで、相変わらず逃亡生活を続けるサラ&ジョン・コナー親子と、性懲りもなく未来から送り込まれる暗殺ロボットと言うお馴染みの取り合わせに、ジョンを守る為に送り込まれた美少女ロボットがからむお話しです。
このシリーズ、前から気になってたのですが、見てみると予想以上に面白かったです!

なんていうか、設定が上手いんですよ。
キャラも立ってるし、連続ドラマを盛り上げる為のキャラ配置も見事で、第一話にしてもう役者が揃ってる感じで。
サラ・コナーも映画版よりも人間的な魅力が感じられますし、言っちゃなんですが映画版より美人さんです!
ジョンは、2よりは劣るけど3よりは格好良い感じですが、本作では二人の戦士に守られる姫ポジションなので、ちょっと頼りなさげな所が可愛くて悪くないですヨ。

あと、「ターミネーターなのにシュワ出ない件について」問題の答えとして、美少女ターミネーターってのは、かなりベストに近いんじゃないかと思います。
見た目華奢な少女なのに、実はムチャムチャ強い。てな設定って、日本人にはお馴染みでしょうが、実写だとまた新鮮に見えますねー。

その三人の他にも、サラを殺人犯として追うFBIの捜査官なんかもいて、このあたりの「逃亡者」っぽい味付けもイイ感じです。

あと、キャラだけじゃなく、舞台設定も良いんですよ。
未来からは、他にも色んな人やロボットが送り込まれていて、色んな時代に人間側の協力者やターミネーターが潜んでいるってのが、いいと思いませんか?
それだけでいくらでも面白い話が作れそうじゃないですか。
「ターミネーター」のテレビシリーズとして、全く死角が無いです。

久々に続きが楽しみな海外ドラマになりそうです。



Posted by スミレ
comment:2   trackback:0
[その他ドラマ

thema:海外ドラマ(欧米) - genre:テレビ・ラジオ


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。